北村一輝の嫁のホステスって何者?銀座のママで過去に彼を養ってた!

この記事は約 4 分で読むことができます。

 

嫁はホステスで離婚していた!北村一輝の過去に迫る!

 

日本人離れした彫りの深さで有名な

イケメン俳優の北村一輝さん(48)ですが

実は過去にホステスの嫁がいて離婚していたそうです。

一時期とはいえ彼と夫婦生活を送ったこの女性はどんな人物だったのでしょうか?

なぜ別れてしまった原因はどのようなものなのでしょうか?

今回は波乱万丈な生き方で知られる

そんな彼の過去に迫ってみたいと思います。

 

 

北村一輝が離婚したホステスの嫁って?

 

まずはお二人の馴れ初めから見ていきますが

北村一輝さんが後の嫁になる女性Aさんと

出会ったのは彼がまだ有名になる前の時だったと言われています。

その頃の彼は

19歳の時に単身で上京したはいいものの

俳優としての活躍はほとんど出来ないまま

一時は夢を諦めて4年間もの間

オーストラリアや東南アジア、南アフリカ共和国などを放浪する生活を送っていたそうです。

そして帰国後に

銀座のクラブで出会ったのが

彼より少し年上のホステスのAさんでした。

次第にお互いに惹かれ合い

Aさんは当時、ママの役職をしていたそうですから

お金にも余裕があり

俳優としての仕事がない彼に対して資金援助までしていたそうです。

その後

1993年、彼が24歳になる年にお二人は籍を入れ、

翌年の12月3日には一人息子が無事に生まれます。

息子の誕生を機に

ママの仕事を辞めたそうですね。

1993年と言えば、ちょうどバブル景気がどんどん崩壊していった期間ですから

勤めていた銀座のクラブも

もしかしたら段々と客足が遠のいていて利益が少なく、

環境を変えるには

ちょうどいいタイミングだったのかもしれませんね

貯金はもちろんあったでしょうが

当時の彼の収入面を考えれば

家族になることは凄く不安だったと思いますが

そんなことも気にしないほどに

彼が成功すると信じていたのでしょうね。

そんなAさんの期待や責任感、仕事への情熱も相まって

1997年に公開された映画『鬼火』では

ゲイバーのママ役を演じるにあたって、

実際に新宿二丁目に足繁く通いながら研究し

主演俳優に「本物のゲイを連れてきた」と初対面で思わせたそうです(笑)

翌年の『JOKER 疫病神』という映画でも

チンピラ役を演じるにあたって

自分の歯を11本も抜いたり削ったりしたそうですから驚きです。

このような彼の徹底した役作りが評価され

次第に有名になって

やっと現在の地位まで昇りつめたのですが

その時にはもう

二人の関係は冷え切ったものとなっていました・・・

原因はいったい何だったのでしょうか?

一緒になられて19年間のうち9年間もの別居生活の果てに

離婚という道を選んだ過程になにがあったのでしょうか?

公表されている理由としては

仕事の忙しさからすれ違いが多くなったと言われていますが

一部では浮気による女性問題だったのではないか?とも言われています。

2004年にはフライデーに

別の女性との公園でデートをしていることがスクープされましたが

その頃から夫婦関係に亀裂が入ったのか推測してみますと

フライデーされる前年の2003年にはもう別居生活に突入しているので

これがキッカケではないと思われます。

かといって嫁の方に不貞があったかというと

親権も彼女にありますから

そういうことでもないと思います。

しかも過去に銀座のクラブでママにまで昇りつめたほどの女性ですから

今更、男性に振り回されるということもないでしょう。

これらのことを考えると

本当にすれ違いの結果なのかもしれませんね。

北村一輝の今後

 

お二人の関係は今後どうなるのでしょうか?

嫁のAさんは過去の経験と人脈を生かして

またホステスとして復帰して働いているのかもしれませんし

北村一輝さんにしても

離婚して1年後の2013年に

20代の一般女性とのデートが報じられていますから

もしかしたら再婚する可能性だってありますから

いきなりニュースで発表されるということもあるかもしれませんね。

個人的に好きな俳優なので

これからの活躍を期待したいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったら暇つぶしに他の記事も読んでみてください。