新潟小2女児殺人事件の犯人は?大桃珠生ちゃんに何があった?

 

犯人は?新潟小2女児殺人事件とは

 

2018年5月7日。

当時7歳の大桃珠生ちゃんが

学校から自宅に帰る途中に

何者かにより誘拐され絞殺された後に

同日午後22時30分ごろ

新潟、越後線の線路内で発見され

急ブレーキをかけるも間に合わずに

電車にはねられるという

恐ろしい事件が発生しました。

この新潟小2女児殺人事件の

犯人はなぜこんなことをしたのでしょうか?

その動機や心理、

犯行の内容から見えてくる犯人像について

調べてみました。

 

 

新潟小2女児殺人事件の犯人

 

新潟小2女児殺人事件の

現時点で報道されている情報を整理してみますと

大桃珠生ちゃんの遺体が発見された現場は

JR越後線の青山駅から小針駅間の線路上で

電車の運転士が気づいた時には

横たわった状態だったらしく

検死の結果、その時には既に死亡しており

顔にうっ血があったことから

死因は窒息死の可能性が高いとのことです。

被害者は

同日夕方の学校から家に帰る途中で

行方がわからなくなっており

警察も捜査をしていた矢先の出来事でした。

この犯人は

ゴールデンウイークが終わった休み明けの

初日を狙っていることからも

計画的な犯行とも考えられるのですが

その一方で

行方不明になった当日に

絶対に見つかるような線路の上に

被害者を遺棄しています。

なぜこのようなことをしたのでしょうか?

事件の発覚を少しでも遅らすために

見つからないようにするのが

普通だと思うのですが

どうしても電車にはねさせなければいけない理由が

何かあったのでしょうか?

考えられる理由としては

・自殺や事故に見せかけて証拠隠滅したかった

・家には家族がいて遺体を隠す場所がなかった

・自分の犯行を世間にアピールしたかった

などなど他にも色々な事が考えられますが

真実はどのようなものなのでしょう・・・

警察の発表によると

現場周辺で不審者がいたとの情報も

寄せられているらしいので

完全に手がかかりがないというわけではありませんし

遺体が線路内に置かれたのは

わずか10分の間だということも判明しているので

早い段階でのスピード逮捕になる可能性も十分にあります。

このような事件を起こす人の多くは

大抵周りからも気味悪がられていたり

前科があったりと

何かしらの問題を抱えている人間でしょうから

警察は周辺の住人を

片っ端から容疑者としてリストアップして

しらみつぶしに聞き込み捜査するのも

1つの手段と思うのですが

今後警察はどんな捜査をするのでしょうか?

事件後に開かれた

新潟県警の会見を見ましたが

被害者の自宅の住所や家族構成まで

いくら聞かれたとはいえ

喋ってしまってましたし

そもそも最初に行方不明と通報を受けた段階で

本腰を入れて周辺の捜査や警戒をしていれば

線路に遺体が遺棄されることもなかったでしょうから

信頼できそうなイメージがあまり湧かないのですが

ちゃんと捜査してくれるのでしょうか。。。

新潟小2女児殺人事件の犯人の今後

 

大桃珠生ちゃんを殺害した

この新潟小2女児殺人事件の犯人は

今後逮捕されるのでしょうか?

まだ現時点では

警察の捜査状況が公表されていないので

どうなるかわかりませんが

もしこれが計画的な犯行だったとしたら

犯人はすでに新潟を離れているかもしれません・・・

警察庁が発表したデータによると

13歳未満の子供が被害者になる犯罪は

平成14年以降は減少傾向にあるとのことですが

それでも平成26年には2万4707件もの事件が発生しています。

もうこの国でも

子供の登下校は親が付き添いで送り迎えをするしか

防ぎようはないのでしょうか?

それとももっと厳しい罰にすれば

少しは犯罪が減るのでしょうか?

更なる犠牲者が出ないためにも

この犯人が早急に逮捕されて

厳罰に処されることを願います。

被害者の大桃珠生ちゃんのご冥福をお祈りいたします。