大桃珠生ちゃんの犯人は誰?新潟小2女児殺害事件に新事実発覚!

 

犯人は?大桃珠生ちゃんの新潟小2女児殺害事件とは

 

2018年5月7日。

新潟市西区青山水道のJR越後線の

線路内で幼い女児の遺体が発見されました。

被害者は

近くに住む小学2年生で7歳の大桃珠生ちゃん。

事件発覚から数日経った今

新たな情報をもとに

いったい彼女に何があったのか?

犯人は誰でどんな人物なのか?

新潟小2女児殺害事件について

調べてみました。

 

 

大桃珠生ちゃんの新潟小2女児殺害事件の犯人

 

現時点で報道されている

新潟小2女児殺害事件の情報を整理してみますと

被害者の大桃珠生ちゃんは

午後3時ごろに

小針小学校を出発し

途中までは複数の友人たちと下校していました。

通学路は入り組んだ道ではなく

L字型の簡単な道順なのでわかりやすいですし

友人たちと別れてからも

目撃情報があるので

途中まではまだ無事だったのですが

自宅からわずか300mの地点から

足取りが不明となっており

この短い距離の間に

何者かに襲われたと考えられています。

彼女は

亡くなられた当日の朝、

登校時に不審な男性から声をかけられたと

学校で話していたそうなので

犯人はもう

その時には犯行を決意していたのかもしれません。

いつまで経っても帰ってこないことを心配した母親は

学校に連絡し、16時20分ごろには

学校の職員らと共に捜索に当たっており

その後17時20分ごろには

警察も100人体制で捜索をしていたらしいですが

懸命な捜索も虚しく何も手がかりがないまま

夜22時30分ごろ。

自宅から百数十メートル離れた線路で

大桃珠生ちゃんは普通列車により轢かれてしまいました。

検死の結果

死因は窒息死で死後硬直や

出血が少なかったことから

既に死亡している状態で

何者かにより線路内に遺棄されたとのことです。

以上がこの事件の概要です。

彼女が遺棄されていた線路には

10分前に他の列車が通過した時に

何も問題がなかったので

わずか10分の間に

犯人は彼女を線路内に遺棄しています。

一番気になるのが

遺棄されたその場所が

自宅からとても近い場所だということです。

1時間前の21時半の時点で

小針小学校の校長が

彼女の自宅に訪問した時には

両親含めて警察関係者がいて

捜索の真っ最中だったそうなのですが

なぜ犯人は

そんな警察がうろついている近くで

誰にも見つからずにこのような行為ができたのでしょうか?

しかも

殺害そのものは22時30分より数時間前に行われていたことが

検死の結果明らかになっていますから

違う場所で殺害したか

それまでどこかに遺体を隠していたということになります。

普通に考えると

近隣住民が一番怪しいのですが

どうなのでしょう?

ネット上は母親が怪しいとかいう心無い声も

チラホラ言われていますが

アリバイだってありますし完全にあり得ません。

もし近隣住民の犯行なら

警察もすでに容疑者をマークしているでしょうし

逮捕も時間の問題だと思われますが

証拠は出てくるのでしょうか?

犯行現場がもしも屋外だった場合

雨が降ってしまったことで

証拠も流れてしまっているかもしれませんが

どうなのでしょう?

もうひとつ気がかりなのが

不審な車の存在です。

日刊スポーツの記事によると

今年の3月、夜21時ごろ。

現場周辺の道路を何度もゆっくり通る

黒い不審な車が近隣住民によって目撃されているとのことですが

もしこの車が犯人のものだとしたら

近くに住んでいないということも

十分に考えられます。

いったいどういうことなのでしょうか・・・

大桃珠生ちゃんはなぜ殺害されたのか

 

なぜ何の罪もない

大桃珠生ちゃんが殺害されたのでしょうか?

今回の事件で

前々から付近で刃物を持った男がうろついていたり

女児が腕を掴まれたり足を触られたりといった

不審者の情報があったにもかかわらず

警察はメールで保護者に注意を呼び掛けるだけだったことや

小針小学校も

そんなことがあっても十分な対策をしてなかったり

危機感があまりにも欠如していたことが

報道により明らかになってきましたが

悪いのは全てこの犯人です。

たとえ極刑でも足りないくらいの

犯罪を犯してしまったこの犯人が

一日も早く逮捕されることを願います。

大桃珠生ちゃんのご冥福をお祈りいたします。