新潟小2殺人事件の犯人を逮捕?20代の会社員の男とは。

 

犯人は20代の近隣住民?新潟小2殺人事件が急展開!

 

2018年5月7日に

わずか7歳の大桃珠生ちゃんが殺害された

新潟小2殺人事件から1週間経過した今日。

警察が近所に住む20代の男性を

事件に関わった重要参考人として

事情聴取しているとの情報が入ってきました。

この20代の男性は

どんな人物なのでしょう?

読売新聞の報道によると

彼は目撃された不審な車の運転手で

会社員ということですが

現場周辺で

頻繁に出没していた不審者と同一人物なのでしょうか?

調べてみました。

 

 

新潟小2殺人事件の犯人と不審者

 

2018年の5月7日に起きた

この新潟小2殺人事件ですが

被害者の大桃珠生ちゃんは

自宅からわずか300mほどの間の道で

消息を絶ち、その後遺体として発見されました。

犯人は土地勘のある人物で、

彼女が一人になったわずかな隙を狙った犯行なので

現在、重要参考人として

警察から事情聴取を受けている20代の男性なら

近所に住んでいるので

犯行は十分可能と思われます。

事件当日の朝

大桃珠生ちゃんは

「サングラスをかけた黒い服のおじさんに追いかけられた」と

友達に話しており

実は昨年の2017年にも

周辺の小学校では

少なくとも10件の不審者情報が寄せられていた状況で

中には肩を掴まれたり

腕を引っ張られたりした児童もいるそうです。

これだけの被害があったにもかかわらず

警察はこれまで

この不審者を特定することができていません・・・

そして

犯行の翌日の午後3時ごろには

ビデオカメラを持った

黒い服に黒いマスク姿の男が

独り言をぶつぶつ言いながら歩いていたそうですし

その翌日の9日には

またもや黒い服の男に

女子中学生が追いかけられるという事案が発生しているので

もしこの不審者が

今回の事件の犯人だとしたら

よほど衝動が抑えきれないのかもしれません。

ちょっと普通では考えられませんよね・・・

もし仮に

全く今回の件に関係がない人物だとしても

このタイミングで

こんなことをすれば疑われるのは間違いないですから

本当に謎です。。。

しかも黒い服に黒いサングラスのおじさんだなんて

まさに怪しい人物を絵に描いたような恰好です。

事情聴取されている20代の男性と

この不審者が同一人物だとは

現時点では明らかになっていませんが

彼は参考人ではなくて重要参考人として

警察に連れていかれているので

事件にかなり深く関係していると思われます。

大桃珠生ちゃんが使用していたランドセルや

線路脇の柵などから検出された

指紋の照合なども行われているでしょうし

容疑が固まれば家宅捜索も行われて

消えたピンクの傘なども

発見されそれが証拠になり

今日中にでもスピード逮捕されるかもしれません。

ですが

まだ冤罪の可能性もありますし

不審者は別にいるかもしれませんから

近隣住民は

気を緩めることなく

ちゃんと子供たちを守ってあげてほしいです。

恐怖を煽るようなことを

言ってしまい申し訳ありませんが

新潟だけに限らず

悪い人はどこにでもいるので

自分のところだけは大丈夫なんて

根拠のない自信は捨てて

それくらい危機意識を持って

普段から警戒するべきだと私は思います。

新潟小2殺人事件の犯人の謎

 

新潟小2殺人事件の犯人は

重要参考人として事情聴取されている

20代の近所の男性なのでしょうか?

近隣住民に対しての聞き込みは

初動捜査でしらみつぶしに行なっているでしょうから

この男性の元にも警察は

最初に聞き込みをしているはずです。

それなのに

1週間も時間がかかったということは

パッと見は普通の人なのかもしれません。

それに無職やひきこもりといったわけでもなく

会社員との報道もあったので

もしかしたら妻子がいる可能性だってあります。

それと

不審者とこの男性は同一人物なのでしょうか?

まだ現時点では色々な謎が残っていますが

確実に解決に向けて進んでいると思うので

新潟県警に期待したいと思います。

大桃珠生ちゃんのご冥福をお祈りいたします。