栗城史多が死去。死因は?登山家の彼を追い詰めるアンチコメントが酷すぎる・・・

 

栗城史多の死去の原因と死因

 

※最下部に追記あり

2018年5月21日。

自身8度目のエベレスト登頂の最中だった

登山家の栗城史多(くりき のぶかず)さんが

登山途中に35歳という若さで死去されました。

彼の身にいったい何が起きたのでしょうか?

死因やその原因、

また彼を執拗に批判して

精神的に追い詰める心無い人たちとは?

調べてみました。

 

 

死去した栗城史多の死因

 

エベレスト登頂中に死去された

栗城史多さんですが

現時点では

死因はハッキリと明らかになっていないのですが

彼の事務所は次のように発表しています。

下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、
暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことから
キャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、
先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました。

出典:栗城事務所の公表

 

Facebook上の彼の公式アカウントで

これらの事は公表されており

彼の直前の投稿では

7400mの所に来ていると投稿しており

その時は

苦しいながらもまだ余裕があったように見えたのですが

その数時間後には

体調が悪化して下山すると

彼に変わって中継班が投稿しています。

彼がまだ無事だった標高7400mという高さは

どれだけ凄いかあまりイメージがわかないかもしれませんが

寝てしまうと酸欠で死んでしまうリスクがあるほど

酸素が薄く、食物の消化もほぼ不可能になるらしいです。

更に上昇し標高8000mを超えると

「デスゾーン」と呼ばれるほどに危険で

人間の生存限界ギリギリの高さだとのことです。

そのような厳しい環境にいた彼ですから

いつも死と隣り合わせの状況だったのでしょうね。。。

登山家の死因の多くは

猛吹雪や遭難などが原因の低体温によるものや

脳浮腫や肺水腫も引き起こす高山病、

滑落や雪崩に巻き込まれるといったものらしいですが

彼の場合は

事前に体調の悪化を訴えているので

高山病が急激に悪化したことに加えて

人間は体温が28度を下回ると

血液の循環や呼吸が上手くいかなくなり

臓器の機能も低下して死に至るので

遭難による低体温も原因だったのかもしれません。。。

栗城史多の死去に対するネット上の声

 

栗城史多さんの死因は

おそらくは高山病からの低体温症だと思うのですが

そもそもこんな事になった原因は

ネット上のある一部の人達のせいだという声もあがっています。

彼が死去した訃報をうけて

もちろん彼を悼む声が大半なのですが

中には

生前の彼の登山スタイルが少々無謀で

無茶しがちだったとの声もチラホラ見受けられました。

確かに彼は

2012年の秋の自身4度目のエベレスト登頂の際

重度の凍傷を患ってしまい

両手の指9本の大部分を失うという

重傷を負った過去もありますし

それでもなおチャレンジを辞めずに挑み続けたので

どこか破滅的だと言われていたようです。

ネット上では生前から彼の事を悪く言う人が

大勢いて今でもFacebook上の彼の公式アカウントでは

そのような心無いコメントが残されています。

たとえば

栗城史多さんが

今回の登山の途中経過をFacebookに投稿した時の

あるユーザーのコメントでは

『「失敗しても次がある」なんて甘い考えでいると、今回も失敗しますよ?死ぬつもりで頑張って下さい。』

 

などと彼を精神的に追い詰めるような事まで

発言していました。。。

他にもチラホラ厳しい意見もあったので

こういう人たちの意見が

少なからず彼を無謀な行動に駆り立てていたのかもしれません。

こういう発言をする人たちって

本当に何なんでしょうね・・・

嫌いなら関わらなかったらいいだけなのに

努力している一生懸命な人に対して

わざわざ

無関係の人が文句を言う心理がわかりません。

中には平然と彼の死に対して

『下山する最後の理由が死亡か・・・・・今年は下山の理由も尽きたんだな。(Θ_Θ)』

とかオッサンがコメントしてますし

その人のページを見てみると本名丸出しで

小学生くらいの子供の顔まで載せてる上での

こんな酷いコメントですから

色々とすごくどん引きしました。。。

色々と意見はあるみたいですが

多くの人達を勇気づけていたのは

まぎれもない事実です。

彼がやってきた事は決して決して無駄ではありません。

※追記

当初の事務所の発表は誤報で

本当の死因は滑落したことによる

全身強打の滑落死だったとのことです。

心からご冥福をお祈り申し上げます。