日大 アメフトの田中芳行コーチの経歴は?会見の内容を否定し大炎上。

 

田中芳行コーチの経歴は?日大 アメフトが崩壊の危機。

 

日大のアメフトのコーチである

井上奨(つとむ)コーチと

監督の内田正人が練習試合で

同校のチームの選手に

相手の選手生命を絶つ危険性もある

反則プレーをするように指示していたことが

選手自身の謝罪会見にて判明しました。

そして今度は

新たに田中芳行コーチも

その態度や会見の内容を否定する

発言が酷いとバッシングを受けています。

この田中芳行コーチとは

いったいどんな人物で

どのような経歴の持ち主なのでしょうか?

調べてみました。

 

 

日大 アメフトの田中芳行コーチの経歴

 

井上奨コーチに続き

大炎上してしまっている

日大の田中芳行コーチの

経歴について調べてみたところ

2018年の今年で34歳の彼は

若い時からアメフト一筋で生きており

静岡県の知徳高等学校を卒業後

立命館大学に進学し

学生時代はアメフトの選手として活躍していたそうです。

高校時代から彼の評判はあまり良くなく

ウワサによると

後輩に対して、殺せだの、つぶせだの

かなり荒っぽい指示をしたり

実際に脅されたとの声も挙がってきています。

もしこのことが本当なら

今回の件もガッツリ関係しているのではないでしょうか。。。

2007年に大学を卒業した後は

母校である

立命館大学でコーチをしていたのですが

2011年には

現在の日大のコーチに就任したみたいですね。

そんな彼ですが

いったいどんな問題発言をしてしまったのでしょう?

事件は

反則プレーをした選手本人の会見の後に起きました。

報道ステーションの記者が

「つぶせ」という指示に対してどう思うか聞いたところ

彼はふてぶてしく半分キレ気味で

『それは(選手の)取り方なので自分が答えることではない』

『感じ取り方だと思うんです』

『指示は、あったか、なかった、で言えばないです』

と発言しており

あくまで選手の勘違いだったと主張しています。

客観的に見て

これは本当に勘違いだったのでしょうか?

会見では

『相手のクォーターバックを潰せば出してやる』

『やらなきゃ意味ないよ』

『相手のクォーターバックがケガをして、秋の試合に出られなかったら、こっちの得だろう。これは本当にやらなくてはいけないぞ』

などの指示があったと語っていましたので

客観的に見たら

誰が聞いても怪我をさせるように

指示していると思うのですが

どっちが嘘をついているのでしょう・・・

田中芳行コーチの

このような発言に加えて

彼のあの半分キレ気味の態度は

世間の反感を買ってしまい

日大にとっては余計にヤバい事態になっています。

こんなことをすれば炎上することは

目に見えてますから

ちょっとゲスな発想ですが

インタビューした記者さんは

面白い映像が撮れたなと内心思っていたでしょうね(笑)

この騒動は

今後どうなってしまうのでしょう?

日大のアメフトと田中芳行コーチの今後

 

今回の騒動で

監督の内田正人を筆頭に

井上奨コーチや田中芳行コーチの

指導の実態が世間に公表されてしまいましたが

日大のアメフトは今後どうなってしまうのでしょうか?

内田正人は監督を辞任しましたが

まだ理事だったりで別にノーダメージでしょうし

コーチにしても全員で13人もいますから

上層部をまるごと全部刷新しない限りは

ほとんど何も変わらないのかもしれませんね。。。

反則プレーの張本人の選手は

もう二度とアメフトをしないと公言していますが

彼は普段から反則の少ないことで有名だったらしいですし

実力もあって有望株だったみたいですね。。。

もちろん

彼が100%悪くないということはありませんが

青春時代の大半をラグビーに捧げてきた彼にとって

監督やコーチの言葉は

逆らえない絶対的なものだったと思いますし

こんなことになって本当に気の毒です。。。

田中芳行コーチは

どんな気持ちであんな発言をしたのでしょうか?

ずっとアメフトしかやってこなかった経歴ですから

世間の声を何も考えずに

体育会系のノリであんな発言をしたのでしょうか?

直接指示したのは

井上奨コーチであり、彼ではありませんから

処罰を受ける可能性はないでしょうが

彼のあの発言と行動こそが

前時代的な体制の全てを物語っていると

思ってしまう人も多いと思います。

はたして今後も

選手の勘違いだったという意見を貫き通すのでしょうか?