勝田州彦の家族や余罪がヤバイ。鵜瀬柚希ちゃんの犯人も彼?

 

家族は警察OBって本当?勝田州彦の余罪が明らかに!

 

2004年に岡山県津山市に住む

当時小学3年生の筒塩侑子ちゃん7歳が

自宅で何者かに刃物で刺され亡くなった事件の犯人が

14年経った2018年の今、逮捕されました。

犯人は勝田州彦(かつた くにひこ)。

逮捕のキッカケは他の犯罪で服役中だった

彼自身の発言ですが

余罪が複数あるのではないかと話題になっており

加えて

彼の家族が警察OBというウワサもたっています。

いったいどういうことなのでしょう?

調べてみました。

 

 

勝田州彦の余罪と家族

 

今回、新たに筒塩侑子ちゃん殺人の容疑で逮捕された

勝田州彦ですが

彼は余罪が複数あり

最初に逮捕されたのは2009年でした。

兵庫県姫路市内で

当時小学1年生の女児の腹部を殴り

肝臓から出血するほどの重傷を負わせました。

その後の事情聴取によると

他にも10人ぐらいの女児を殴ったと供述しており

2010年3月30日には懲役4年の判決が下されました。

更に彼は出所して間もない

2015年5月11日に姫路市内で

当時中学3年生で14歳の女性の腹部や胸を

ナイフで数回ほど刺しました。

被害者は一命をとりとめたものの重傷を負い

勝田州彦は二度目の逮捕となり

懲役10年の判決を受け

現在は岡山刑務所で服役しています。

そんな中、冒頭に述べたように

最初の逮捕より

数年前の2004年の筒塩侑子ちゃん殺人事件の犯人が

彼だったという報道をうけ

さらに2007年10月16日に

彼が住んでいる

兵庫県加古川市で

当時小学2年生で7歳の鵜瀬柚希ちゃんが

自宅前で殺害された未解決事件

彼が犯人ではないか?と話題になっています。

鵜瀬柚希ちゃんの事件でも

腹部と胸を刃物で刺されていますし

大人の男の人に刺された」と言い残しており

状況的には一連の事件と手口が似ていると思うのですが

どうなんでしょう?

ですが今回の逮捕も

捜査の過程で追い詰めたというわけではなくて

本人の自供ですから

警察は何も証拠を掴んでいないのかもしれません。

それと気になるのは彼の家族のことです。

再犯で殺人未遂を犯しても

懲役10年という比較的軽い判決で済んでますし

14年経っても証拠が見つからなかったのは

家族に警察OBがいるからではないかとも言われています。

ネット上の情報なので

信憑性は高くなく鵜呑みにはできませんが

父親が警察OBで母親も元警察関係者だとウワサになっています

色々と調べてみたのですが

それぞれの氏名や所属している課など

信頼できるような情報源は見つかりませんでしたが

※追記

父親は兵庫県警の捜査一課の刑事で警部だったと

明らかになりました。追記終わり。

もしかしたらこの家族が

名誉棄損で片っ端から弁護士を交えて

情報の削除依頼をしているのかもしれませんし

真相は闇の中です。。。

彼の犯行動機ですが

どうやら彼は

幼い女児に暴力を振るうことで興奮する人間だとのことです。

中学3年生の時から

このような兆候が出だしたと裁判で判明していますから

現在39歳の彼は

もっと若い時の

余罪がボロボロと出ても何らおかしくありません。

勝田州彦とその家族の今後

 

今回、14年前の筒塩侑子ちゃん殺人事件の犯人だったことが

本人の供述により

明らかになったことで逮捕された

勝田州彦ですが

彼とその家族は今後どうなるのでしょうか?

もし家族がネットのウワサ通りに警察OBだったら

何らかの不思議な力が働いて

刑期が短くなるのでしょうか?

もし無期懲役でも仮釈放で

だいたい30年~35年ほどで出所したとしたら

その時は既に70歳くらいですが

再犯の恐れはないのでしょうか?

余罪として鵜瀬柚希ちゃんも殺害していたとなれば

さすがに極刑は免れないでしょうが

証拠は今後見つかるのでしょうか?

ちなみに

過去の裁判での彼の弁護士は

いじめや家庭内の厳しいしつけが歪んだ性癖を作り上げた

言っていたそうです。。。

確かに環境的には恵まれたものではなかったかもしれませんが

罪を犯したのは本人ですから

許されることではないと思います。。。

これ以上被害者を増やさないためにも

出来る事なら二度と刑務所から出てきてほしくないですが

どうなるのでしょう・・・

被害者のご冥福をお祈りいたします。