静岡の女性看護師殺人事件の犯人とは。その犯行手口が酷すぎる。。。

この記事は約 4 分で読むことができます。

 

犯人はネットで集まった3人。静岡の女性看護師殺人事件が恐ろしい

 

2018年6月9日。

静岡の藤枝市の山中で29歳の看護師の女性が

遺体として発見されました。

この女性看護師殺人事件には

少なくとも3人の男性が関与していると

防犯カメラなどの情報から明らかになっており

既に40代の男性と

20代の男性が逮捕されています。

なぜ被害者は殺されなければいけなかったのでしょうか。。。

事件の全容とは。

 

 

静岡 女性看護師殺人事件の犯人

 

今回、静岡で起きたこの

女性看護師殺人事件の被害者は

浜松市で家族と一緒に住み、看護師として働く

ごく普通の29歳の女性です。

彼女は

先月の5月26日の

夕方18時にスポーツジムから帰ろうとして

駐車場に停めてあった自分の車に乗ろうとした矢先に

突然複数の男性により拉致され

その後

6月9日に遺体として発見されました。

逃げ切れないと悟った

犯人の一人の40代の男性が

自首をし、

その数日前には共犯の20代の男性も逮捕され

現在では

少しずつ事件の全容が明らかになってきています。

逮捕された二人の供述によると

この男達はネットで知り合い、

犯行当日に初めて顔合わせして凶行に及んだそうです。

さらに被害者とも面識がなかったそうですから

見ず知らずの無関係の人物を狙った

悪質極まりない犯罪です。

少なくともあと一人は

事件に関与しており

現在捜査中とのことなので

現時点では

捜査に支障が出ないように

この男達の実名や顔写真は公開されていませんが

全てが明らかになるのは時間の問題ではないかと思われています。

今回の事件は

犯人同士がネットで知り合ったことや

被害者が何の罪のない無関係な女性だったこと

共犯者の自首という3つの点が

2007年に名古屋で起きた

闇サイト殺人事件と類似しており

模倣して犯行に及んだということも考えられます。

闇サイト殺人事件では

被害者が一人でしたが

その悪質な犯行から

主犯格の神田司は死刑が執行され

残りの二人、堀慶末と川岸健治は

無期懲役となっています。

なので今回の犯人たちも

おそらく、軽くて無期懲役ではないかと思われます。

殺された彼女は

まだ明るい18時に

自分の車で帰ろうとしただけなのに

こんなことになるなんて

本当に気の毒で仕方ありません・・・

つい先日起きた

新幹線車内での無差別殺傷事件といい

最近本当に

恐ろしい事件ばかりです。

もう、一人一人が自衛のために護身用の道具を持ち歩かないと

安心できない世の中になってしまったのかもしれません。

素人でも使えて役にたつ護身用グッズとして

ぱっと思いつくのは

スタンガンや催涙スプレーですが

調べてみたところ

護身用品専門店KSPさんのサイトが

凄く詳しく説明してくださっており

スタンガンと催涙スプレーの

長所や欠点の解説に加えて、

世の中には、おもちゃみたいな何の役にも立たない

スタンガンも売られているということや

防犯ブザーは

実際みんな無視するのであまり役に立たないということなど

他にも色々と

身を守る上で、かなり勉強になるような情報を

丁寧に説明してくれているので

よかったら「護身用品専門店KSP」で検索してみてください。

今回の事件の被害者は

男二人に挟み撃ちにされて

車に押し込まれ、三人目の男が車を運転したとのことなので

たとえ護身用グッズを持っていても

敵わなかったかもしれませんが

それでも丸腰よりかは助かる確率が高くなると思います。

本当に

恐ろしい世の中になってしまいました・・・

静岡 女性看護師殺人事件の犯人の今後

 

ネットで知り合って

見ず知らずの女性を拉致して殺害した

静岡の女性看護師殺人事件の犯人である

3人の男たちは

今後どうなるのでしょうか?

最初に自首してきた40代の男性は

死刑になりたくなくて自首してきたのかもしれませんが

2007年の闇サイト殺人事件の前例もありますし

これ以上、模倣犯を増やさないためにも

全員に死刑が宣告される可能性も十分にあります。

彼らのような

凶悪犯に対して私たちが出来ることは

なんとかして自分の身を自分で守るということしかないのでしょうか・・・

亡くなられた被害者のご冥福を心からお祈りいたします。