西野朗の若い頃は?経歴や現役時代の活躍はどんなだった?

 

サッカー日本代表監督、西野朗の若い頃とは!

 

ワールドカップ盛り上がっていますね。

日本も決勝戦出場を決め

日本中が応援モードに入っています。

その最大の貢献者であるのが監督の西野朗さんです。

ですが結構謎に包まれていませんか?

今日は彼の若い頃を中心にまとめたいと思います。

 

 

西野朗の若い頃

 

西野朗さん、不思議な方です。

まずは彼の業績を若い頃から見てみましょう。

彼、早稲田大学出身なんです。頭がいいんですね。

しかも教育学部です。だからチームをまとめるのが得意なんですね。

早稲田大学在学中にサッカー日本代表に選ばれ

当時から連続得点など、天才的なプレイヤーだったみたいです。

全盛期の彼は通算出場試合回数は143、得点回数は29点、

8試合連続得点など、好成績を残していたのですが

次第に成績がふるわなくなっていき、

1978年を最後に日本代表には選ばれなくなってしまいます。

天才って批判も多いし、

なんか過酷な運命を背負っていますよね。

そして1990年にサッカー現役を引退します。

しかしその後は監督としてサッカーに関わり、

1996年のアトランタオリンピックでは

Uー23日本代表監督に選ばれます。

その本大会で強豪のブラジルを1-0で破るという快挙を成し遂げ

これはマイアミの奇跡と呼ばれ、

日本サッカー史上歴史的な勝利だったんです。

その後は柏木レイソル、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスという

Jリーグの監督に次々と選出され

ガンバ大阪で記録的なJ1通算150勝をあげるという偉業を達成するんですが、

いずれも好成績はあまり残せず、解任の連続でした。

そんな苦しい時代を過ごしましたが、

その後は日本サッカー協会理事に就任し

そして2018年の4月7日に

サッカー日本代表監督だったハリルホジッチさんが

急に解任されたことで

急遽2日後の4月9日に選ばれます。

いきなりこんな大役を任されて

最初こそ好成績を残せませんでしたが

コロンビア戦で奇跡的な勝利をあげ

日本代表は決勝戦にチャレンジすることになりました。

やっぱり岡田武史監督みたいに

日本代表の監督は日本人が合ってるんでしょうか?

同じ日本人ですし、似たような苦労も共有してますから。

そんな彼ですが、性格はどうなんでしょうか?

まず、かなり面白い人だそうです。

見た目は冷たそうに見えますが、コロンビア戦の後、

「うん?  カレーの匂いがしませんか?」が第一声でした。

天然なんでしょうか?

でも天然の人って意外と頭が良かったりしますよね?

しかし見た目がクールでダンディですからモテるそうです。

特に若い頃は女性から黄色い声援を上げられるほどだったと!

アトランタオリンピックのときは代表選手より人気があったそうです。

まだ40代だったので大人の格好良さを存分に出してたんでしょうね。

熱狂的な女性ファンも多く

昔は彼の家まで押しかける人もいたそうですよ。

でも今は孫もいるおじいちゃんなんです。

カッコイイ大人のおじいちゃんですね。

家族とも良好な関係を築いていて、

彼のサッカーへの熱の励みになっているんでしょうか?

さらにずっと続けている趣味は神社とお寺めぐりだそうです。

神様や仏様とのご縁を大切にしているんでしょう。

だから奇跡的な勝利を納めるような逸材になったのかもしれませんね。

私も神社やお寺に行くのは好きなので、続けたいと思います。

そんな西野朗さんですから

選手ともいい関係を結べてるんでしょうね。まさに先生です。

決勝戦、大いに期待しましょう。

西野朗の今後

 

ここまで西野朗さんを若い頃からみてきました。

決勝戦ではどんな試合を見せてくれるのか?

選手もそうですが、試合中たまにうつる彼に注目です。

日本代表の監督としてますます目が離せませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。