吉田栄作の元嫁は平子理沙!離婚理由は不倫や彼の性格にあった?

 

吉田栄作の元嫁 平子理沙との離婚理由はそれぞれの不倫?

 

かつて絶大なる人気を誇っていた吉田栄作さん。

1997年に平子理沙さんと結婚し

世間では、おしどり夫婦として有名でしたが

2015年には離婚してしまいます。

いったいなぜ?

今回は吉田栄作さんの元嫁との離婚理由についてまとめたいと思います。

 

 

吉田栄作の元嫁 平子理沙との離婚理由

 

3年半の交際期間を経て1997年に結婚した

吉田栄作さんと元嫁の平子理沙さんですが

当時はビッグカップル誕生に世間が湧いたそうですね。

1994年に

交際をスタートさせたお二人ですが

翌年1995年には

彼が芸能活動を休止して

演技や音楽を学びハリウッドで活躍するために単身アメリカへ渡米しており

この渡米期間中にロサンゼルスで挙式を挙げたみたいですね。

ちなみにこの渡米について彼はずっと計画したらしく

22歳の時から仕事の合間に

英会話のプライベートレッスンや

収入が無くなるのを見越して貯金していたそうで

26歳の時に満を持して実行に移したそうです。

しかし、残念ながら

彼のハリウッドでの活躍は夢に終わってしまい日本に帰国します。

日本帰国後もなぜか同居はせず

別居の状態で結婚生活を送っていたようですが

ここが不思議ですよね。

まあ何年も日本とアメリカで遠距離でしたから

生活のリズムを合わせるのが難しかったのかもしれません。。。

いきなり一緒に過ごすというのは難しいですからね。

しかし、別居婚でもおしどり夫婦と呼ばれていましたから

彼らなりに上手くいっていたのでしょう。

それなのに、2015年に離婚を発表しました。

一体何が起こったのでしょうか?

背景にはそれぞれの不倫があったなどとウワサされており

彼はモデルの加賀美セイラさんと

深夜にバーで一緒に飲んでいたところを

週刊誌によりスクープされています。

一方の平子理沙さんの方も

本人は否定していましたが

俳優の村井克行さんとの仲が怪しまれていました。

本当に不倫があったのか真相は

当事者しかわかりませんが

別居婚ってなかなか難しいのかもしれませんね。。。

それに不倫疑惑だけじゃなくて

吉田栄作さんは

かなりお調子者な一面があり

一時期は有名になったことで

天狗になってしまい

芸能関係者に失礼な態度をとったりしていたみたいですし

プライベートでも

女性と話すときは上から目線だったり

もう50歳で近くでいい年齢にもかかわらず

最近でも

PR会社のサニーサイドアップの次原悦子社長(51歳)が言うには

先日行われた合コン?での彼の態度が酷くて

女性蔑視の発言や

現在49歳の彼の同年代の女性に対して

侮辱しまくっていたそうです・・・

まぁ女性陣にも

失礼なところがあったのかもしれませんし

双方の意見が出てないので

一方的に彼が悪いわけではないと思いますが

これが本当だったら

ちょっと性格に難があるタイプなのかもしれませんね。。。

吉田栄作の元嫁は現在なにしてる?

 

吉田栄作さんの元嫁である平子理沙さんですが

彼女は現在なにをしているのでしょうか?

ネット上では

顔が昔と変わったんじゃないか?と言われており

整形のしすぎでは?ともウワサされちゃってます。

プライベートでの浮いた話はまだ聞きませんが

この7月1日に

彼女がプロデュースするスキンケアアイテム「BEAULIN R」(ビューリン アール)が

発売されたみたいですね。

なかなか充実した忙しい日々を送っているのではないでしょうか?

一方の吉田栄作さんにしても

13歳年下の内山理名さんとの交際が発覚し

幸せな様子みたいですね。

まだ交際して3か月ほどらしいので

すぐに再婚というわけにはならないでしょうが

お二人ともいい年なので

もしまだ結婚願望がおありなら

もう少し先でおめでたいニュースが流れるかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。