大本萌景の母がおかしい?ご当地アイドルの自殺の真相とは。。。

この記事は約 6 分で読むことができます。

 

何が真実?大本萌景の母と事務所社長の佐々木貴浩の言い分。

 

愛媛県のご当地アイドル

愛の葉Girls」のメンバーとして活動していた大本萌景さん。

16歳の少女が、2018年3月21日。

自宅で自殺しているのが発見されました。

彼女の遺族は、

事務所のパワハラなどに対して訴訟を起こしていますが

いったいどの様な言い分なのでしょうか?

一部では母がおかしいとまで言われていますが

何が彼女を追い込み、悲しい事件が起きてしまったのでしょう?

 

 

 

大本萌景の母はおかしいのか?

 

元々、「ももいろクローバーZ」が好きで、

アイドルに憧れていた大本萌景さん。

中学2年生の頃から、「愛の葉Girls」の研修生として活動していました。

事務所との契約では、学業に影響しない事を前提とした内容だったそうです。

しかし実際には、

学校の登校日とアイドル活動のイベントの日が被ったとき、

「学校へ行きたい」と彼女がスタッフに掛け合った所、高圧的な態度を取られたそうです。

内容としては、

「お前の感想はいらん。学校の判断と親御さんの判断の結果をそれぞれ教えろ」

「何故学校がダメと結論したのか、親御さんがダメと判断したのか、その理由だ」

「その理由によって、今後事務所はお前の出演計画を考えにゃならん。そこまで考えて物を言え」

グループを辞めたい、とスタッフに連絡した時は

「次また寝ぼけた事言い出したらマジでブン殴る」という内容の返信があり、

今年3月には社長から

辞めるなら1億円払え」と要求があったといいます。

そういった事から、彼女の遺族らは

芸能事務所「Hプロジェクト」に対して

慰謝料等約9200万円の損害賠償を求め、松山地裁に提訴しました

しかし、事務所側の言い分としましては

1億円を要求したというのは事実ではない」とし、

家族側の内容を完全に否定しています。

いったい、何が真実なのでしょうか。。。

また、ネットでは、

大本萌景さんの母がおかしいと疑問の声が多く挙がっているのです。

それは、

「学費を払えないから、事務所からお金を借りなければならなかった」という発言に対し

高校の学費自体は12万円、この金額が払えない親って何してるの?」

「こうなる前に、親はどうにかできなかったの?」

といった書き込みが見られます。

彼女の母親は何をされている方なのでしょうか?

職業については、不詳とされています。

また、母自身の言葉から、

離婚されている内容の発言がありました。

どうやら離婚して、現在は再婚しているようです。

つまり、娘には、現在義理の父親がいることになります。

それと2ちゃんねるの情報なので

真偽は不明ですが

生前の大本萌景さんは

アイドル活動で得たお金で

家にクーラーを付けたり、携帯代を払ったり

家にお金を入れていた一方で

家に帰りたくなくて

深夜までゲームセンターで時間を潰していた

彼女の友人を名乗る人物が言っており、

義理の父親との仲も

確執なんてレベルじゃないほどの関係

警察には全部話したけど

可哀想すぎて世間には本当のことを言えないと暴露しています。

また他の人物によると

事務所から受け取った入学金3万円、制服代7万円はどこに消えた

高校行けなくしたのに

なぜ前期授業料を収めるからと40万円受け取ろうとしたのか?と

彼女の家族を責めており

真実を知っているものはたくさんいる。

と散々な言われようですが

はたしてこれらのことは本当なのでしょうか?

おまけに彼女の実の姉は

今回の事件についての生放送に出演する前に

Twitterで

は、は、吐きそうWドキがムネムネー♡♡

とか、ふざけたツイートをしていますし

自分の誕生日が近いことについて

あやつはずっと16なのにうちは歳を毎年とるんだなと思うと泣ける(ノ∀`)アチャー

と茶化すような感じで

冗談でも言えないような事を言っています。

家庭環境も、彼女を死に追い込んだ原因の1つなのでしょうか。。。

実は、今回のケースだけでなく

地下アイドルと事務所、家族に関しては

様々な闇があるとネットで情報が飛び交っているようです。

過去には

中学3年生の少女を通学させなかったとし、

その子の母親が書類送検された事件があります。

本人の言い分は

「学校より、芸能活動がしたかったという本人の気持ちをバックアップしたかった」と語っています。

大手とは違うマイナーな事務所では、

レッスン費用や衣装代などが

メンバーの家庭持ちになることは少なくないそうです。

学校を休ませること、

宣伝費やグッズの費用をバイトで稼がせるなど、

ブラックなところもあるそうです。

中には、退学させられてしまった子もいるとか。。。

テレビの世界に憧れて、

アイドルを目指す気持ちはわかりますが、

盲目的になってはいけませんよね。

いくら可能性があって努力すれば道は開けると言っても、

あくまで学業を優先させなければ、

少女達にとってはまだまだこれからの人生です。

家族が支えてあげる必要があるのではないでしょうか。。。

まとめ

 

大本萌景さんの母は

一部でおかしいのでは?とまで言われてしまっていますが

彼女は会見で

「自殺した当日、社長のことを『怖い』と話していた。『怖い』の意味を教えてほしい」

と訴え、涙ぐんでいました。

姉は「萌景がどうやって苦しんだのか、ただただ真実を知りたい」と語ったそうです。

将来に夢を持って始めたアイドル活動、

それが原因となって少女が自殺に追い込まれた今回の事件、

遺族にとっては悔やんでも悔やみきれないことですよね。

様々なアイドルがテレビで活動し、

自分の子どももデビューさせたいと

親子で夢を追いかけることは素晴らしいことです。

ですが、そう簡単にはいかないこと、

壁にぶつかってしまうのは当たり前のことです。

様々な問題が出てきてしまった時

子どもだけではどうしようもなくなってしまった時

そんな時はやはり、親が支えてあげるべきではないでしょうか

誰かに相談できる、そんな環境は誰しも必要ですよね。

今回の事件、真実が明るみになることを願います。