美奈子の心境が緊急入院でヤバい?8人目の出産を控えて身も心も不安定に。。。

 

美奈子が緊急入院!明かされた心境が話題に。

 

ビッグダディの元奥さんで有名な美奈子さん。

8人目を妊娠中の彼女ですが

なんと緊急入院してしまい

現在の彼女の心境が話題になっています。

過去7回も出産を経験しているのに

やっぱり慣れないものなのでしょうか?

いったい何があったのでしょう?

調べてみました。

 

 

 

緊急入院した美奈子の心境

 

美奈子さんと言えば

ブログやインスタを頻繁に更新してくださるので

最新の彼女の心境がすぐにチェックできます。

10月29日のブログでは、

大きくなったお腹を映した写真を投稿し

「毎回ドキドキ不安でいっぱい 精神的に疲れてしまう 何人産んでも慣れない」

と心境が語られています。

彼女は2018年の6月に子供を妊娠したことを発表し

予定日は12月7日だそうですですから

現在は妊娠9カ月ということですね。

写真で見る限りだいぶお腹も大きくなっていますから

日常生活もいつも通りにはいかないのではないでしょうか。

加えて7人の子育てに家事の負担なども考えると

疲れてしまうのは当然ですよね。

そして妊娠中は、精神的にも不安定になるものです。

あるアンケートによると

妊婦さんの約8割が妊娠中に情緒不安定を経験しているそうですし

何にもないのにイライラしたり悲しくなったり

子供の誕生は嬉しいけど、出産の不安も大きいという人は

多いのではないでしょうか。

人によっては

眠れなくなったり、便秘や下痢を繰り返してしまったり

頭が痛くなることもあるそうなので

周りの人達のサポートと理解が必要な時期と言われています。

それに

何度も経験された彼女だからこそ

痛みもわかっている分より一層の恐怖があるのかもしれません。

そしてその次の日、

10月30日の投稿では、急展開が起きていました。

なんと緊急入院することになったそうです。

どうやら血液検査の結果が悪かったために

大きい病院へ転院することになってしまったようで

今までの病院では

お腹の赤ちゃんが小さすぎて対応できないとの説明があったそうです。

転院した病院でも検査を重ね、緊急入院が決まったようです。

あまりの突然の出来事に彼女も

『なんですってーーーーー!!!!』

と驚き、頭が真っ白になり涙が出そうになると

パニックになった様子が文章に記載されています。

なんの準備もしていないわけですし、子供たちのことも心配になります。

しかし、母体と赤ちゃんも心配なので

子供たちのことは旦那さんに任せて、病院で安静に過ごして欲しいですね。

どうか無事に産まれてくることを願います。

それにしても、一人で8人の子供を出産するのは

今の少子化の時代すごいことだと思います。

しかし世界は広く、上には上がいるのです。

1人が産んだ最高記録は、ロシアで農民をしている女性が持っています。

1725年から1765年にかけ

27回の出産をしたそうです。

双子16組、三つ子7組、四つ子4組でなんと計67人なんだそうです。

そんなことが可能なんでしょうか。驚きの事実です。

彼女は1人の女性が産んだ最多記録と同時に、

四つ子及び双子の最多出産回数の記録保持者としてギネス認定されています。

また、最高齢の出産とは、何歳になるのでしょう?

どうやらアメリカの女性が57歳で

自然妊娠し、出産されたことが公式に認定されている事実だそうです。

他にも調べると

イギリスで59歳の女性が自然妊娠し帝王切開で出産した例や、

インドでは70歳の女性が体外受精に成功した例もあるようですが

周りに隠していたことや

女性の生年月日が不確かなことなどが理由で公式ではないようです。

日本産科婦人科学会によると

35歳以上の初産婦は高齢出産と言われるそうです。

子育てが大変だから

子供を産むなら早いほうがいいなんてよく聞きますし

早い方が体力的に楽なのかもしれませんが、

50歳をすぎた女性の方が出産されているというニュースは、

なんだか夢がありますよね。

高齢で子供を諦めている人

毎日の子育てに疲れている人は

こんな話を聞いたら「自分も頑張ろう」と少しでも元気が出るのではないでしょうか。

まとめ

 

35歳で8人目の出産を控えている美奈子さん。

どんなに出産を経験された方でも、

出産前は不安になるものなのですね。

不安な心境をブログで語った彼女のように、

マイナスな気持ちは吐き出した方が楽になるのかもしれません。

一人で考えるより、家族や友人などに聞いてもらうだけでもどこか心が落ち着くかもしれませんね。

緊急入院してしまった彼女は大丈夫でしょうか?

彼女と赤ちゃんの元気な姿が見られることを願います。