永夏子の実家や親が凄い?小池徹平の結婚相手の華麗な素性とは。

 

小池徹平の結婚相手はお嬢様?永夏子の実家や親の職業に迫る。

 

小池徹平さんの結婚相手の

永夏子(はる なつこ)さんの実家や親が凄い

話題になっていますが

いったいどういうことなのでしょう?

女優として活躍する傍らで

心理カウンセラーとしても起業し会社経営している

彼女はいったいどんな家庭で育ったのか?

調べてみました。

 

 

 

小池徹平の結婚相手、永夏子の実家と親

 

小池徹平さんの

結婚相手の永夏子さんですが

本名は小林夏子さんで

1983年8月3日生まれの現在35歳の女性です

彼女の実家や親が注目されている理由は

どうやら彼女が

慶應幼稚舎からエスカレーター式に

慶應義塾大学の文学部を卒業したエリートお嬢様ということで

凄いと話題になっているようですね。

慶應と言えば

信じられないくらいのスーパーお金持ちが通うという

イメージもありますし

週刊ダイヤモンドに2017年に掲載された記事によると

慶應幼稚舎だけでも

初年度の学費が153万6480円

2年次以降119万6480円で

卒業するまでの6年間で推定751万8880円もかかると言われています.

それに

学費以外でも教科書代など諸々の経費がかかりますので

合計1000万円以上はくだらないのではないでしょうか。

ちなみに幼稚舎というので幼稚園と思いがちですが小学校のことです。

クラスはK・E・I・Oという4クラスにわかれており

Kクラスには各界の有力者のご子息たちが集められ

Oクラスは

医者の息子など将来的に医学部を目指す人が集められ

残りのEクラスとIクラスに

比較的普通の人達が集中しているみたいですね。

もちろん普通と言っても

年収1000万円以上の家庭でほぼ占められており

裕福な人が多いみたいですよ。

ネットで調べてみると

普通のサラリーマンでも大丈夫なの?という声もありましたが

学費などの出費を賄えるほどの経済力さえあれば

中小企業の社長さんや

有名人や弁護士や医者よりも

年収が安定していますから

全然引け目に感じることはないのではないのかもしれませんね。

そんな

由緒ある学校に通わせていたので

永夏子さんの実家や親は

普通に比べるとかなり裕福だと思われます。

具体的にどんな職業なのかは

公表されていませんが

慶應に通わせられるほどで

少なくとも年収1000万円以上と考えると

どんな職業があるのでしょうか?

ザっと挙げてみると

医者や弁護士などの

難易度が高い国家資格が必要な職業や

国会議員や外交官、大学教授、

他にも

起業家や大、中小企業の経営者、

Googleやマイクロソフトなどの外資系企業に勤めている人や

大手の商社に勤めてるサラリーマンや

芸能・芸術関係の有名人などでしょうか?

探せばまだ他にも色々な職業があって

どれか一つに特定することは難しいですが

母親の手料理に感謝している彼女の発言や

普段は厳しいけど

父親を尊敬しているとの発言もありますから

カッチリした家庭だけど

温かみのある優しいご両親なのかもしれませんね。

毎年元旦になると

家族でおせち料理を囲み

親戚一同揃って過ごすそうですから

親族間のつながりも深く

良好な関係を築いているみたいですね。

それに

せっかく慶應を卒業したのに

女優としての道を歩むことを許していますから

娘の思いを尊重できる

立派なご両親なのかもしれませんね。

永夏子の今後

 

私立小学校受験の最高峰と呼ばれる

慶應幼稚舎に入学し

そのまま大学を卒業した永夏子さんですが

彼女にかかった教育費を考えると

実家の親は

かなり裕福だったと判明しました。

今回、小池徹平さんと結婚されたことで

今まで以上に知名度が上がり

女優としての仕事も忙しくなってくるでしょうから

今後の活躍が楽しみですね。

彼女の親も

良い人みたいなので

今後は小池徹平さんを親族に迎え入れて

みんなで良い関係を築いていってくれそうですよね。

今後ますますのご活躍を期待します。

最後までお読みいただきありがとうございました。