大口の通り魔の犯人を逮捕!名前は近江良兼で自宅も近くで動機が酷すぎると話題に。。。

この記事は約 4 分で読むことができます。

 

犯人の名前は近江良兼!大口の通り魔で逮捕された男とは

 

2018年11月11日の早朝3時30分ごろに

横浜の大口にある大口商店街

近所に住む帰宅途中の34歳の女性会社員を刃物で刺した

通り魔の犯人が犯行翌日に逮捕されました。

名前は近江良兼(おうみ よしかね)

71歳の男性とのことです。

いったい彼はなぜこのような凶行に及んだのでしょう?

 

 

 

大口の通り魔として逮捕された犯人の名前

 

横浜の大口で

女性を背後から刃物で背中を刺し

その後も逃げる被害者を執拗に追いかけ

複数の箇所を刺し、全治一か月の重傷を負わせた

通り魔の犯人が逮捕されました。

名前は近江良兼といい

年齢は71歳

自宅は犯行現場の大口商店街から

およそ700mほどの場所にあり

妻と二人で暮らしていたそうです

近隣住民の証言によると

彼の性格は寡黙で真面目なタイプ

一時期は町内会で役員をやっていたみたいですね。

ですが

その一方で大のお酒好きで

飲みだしたら歯止めが利かなくなるタイプらしく

長年の飲酒や生活習慣がこうじて

数年前に脳梗塞を患い、

仕事も辞めて杖が必要な生活になったそうです。

よそから見る感じでは

夫婦仲も特に問題があったようには見えず、

妻がパートに出かければ

帰ってくる時には玄関で出迎えるなど

高齢のおしどり夫婦に見えていたようですね。

なぜそんな彼が

こんな事件を起こしたのでしょう?

動機について

金をとる目的でやった

と供述しているそうですが

はたしてこれは彼の本心なのでしょうか?

彼は

金品目的にしては被害者から

何も金目のものを奪っていないみたいですし

そもそも彼の自宅は

報道によると坂道の多い住宅街の一角の

よく手入れされた一軒家とありますから

このことから

このエリアで一軒家なら

そこまでお金に困っていないのでは?と

指摘する声もありますが

どうなのでしょう?

71歳という高齢ですから

認知症という可能性もありますし

介護などの将来を考えたら

余生を刑務所で過ごすほうが快適だと考えた可能性もあります。

刑務所生活になれば

三食まともに食べれますし

病気になれば治療もしてくれて

介護もやってくれますから

もしかしたら、そっちの道を選んだのかもしれませんね。。。

被害者にとっては

こんなことになって、賠償金を請求しようにも

近江良兼に支払い能力がない場合は

完全に泣き寝入りでしょうから

本当に気の毒です。。。

それと

彼が金品目的だったと言い張る背景を考えると

たとえば

普通の殺人の場合、罰則は

死刑または無期もしくは5年以上の懲役で

未遂になるとほとんどが7年以下の懲役で済んでしまいます。

一方の強盗目的で人を死亡させた

強盗致死傷罪になると

死刑または無期懲役ですから

一生、刑務所で暮らせます

今回のように被害者が生存していて未遂でも

無期または6年以上の懲役ですから

おそらく普通の殺人罪よりか

罪が重いと考えられるので

彼はこのことを知っていて

中途半端に出所するよりも

最初から残りの人生全て刑務所で暮らそうと思ったのかもしれません。。。

大口の通り魔の犯人、近江良兼の今後

 

大口の通り魔の犯人として逮捕された

近江良兼ですが

今後どうなるのでしょう?

普段から近所の散歩を日課にしていて

地理にも詳しかったにもかかわらず

わざわざ防犯カメラの多い

大口商店街の中で犯行に及んだり

犯行後も特に変な様子もなく

犯行現場の大口商店街の様子を見に行ったりしていた彼ですが

動機は本当にお金目当てだったのでしょうか?

色々と謎は残りますが

今後の彼が貧困や介護に苦しむこともない

刑務所生活での余生を考えると

罰を与えるどころが

逆に施しを与えているようで

こんなの間違ってると感じざる負えません。。。

被害者が

亡くなっていないのが唯一の救いですが

なんとも後味の悪い事件でしたね。

被害者の彼女がはやく立ち直れることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。