杠共芳が琵琶湖バラバラ殺人事件の犯人?焼き肉店から発見された骨や被害者との接点が明らかに。

この記事は約 4 分で読むことができます。

 

急展開!琵琶湖バラバラ殺人事件の犯人として杠共芳が浮上!

 

2008年に起きた未解決事件の

琵琶湖バラバラ殺人事件の犯人は

杠共芳(ゆずりは ともよし)(68歳)ではないか?と

捜査関係者の間で話題になっています。

いったいこの男性はどんな人物なのでしょう?

また、10年前の未解決事件

なぜ今になって真相が明らかになろうとしているのか?

調べてみました。

杠共芳は琵琶湖バラバラ殺人事件の犯人なのか?

 

琵琶湖バラバラ殺人事件の犯人として疑われている

杠共芳ですが

彼は今年2018年の8月に

当時69歳の知人男性を

金銭トラブルのもつれが原因で殺害し

遺体を損壊後

農業用排水路に遺棄したことで

逮捕され現在拘留中の男性です。

この事件の捜査の過程で

彼が経営する焼肉店から被害者とは別の人骨が発見されたことで

余罪の捜査を受けている最中に

未解決の琵琶湖バラバラ殺人事件の被害者と

個人的な接点があったことが明らかになり

遺体を損壊して遺棄する手口も似ていることから彼の犯行の可能性もあると

警察は慎重に捜査を進めています。

10年前のこの事件の被害者は

DNA鑑定によると

当時39歳の男性で杠共芳とは建設現場で知り合い、

一時は同居までしていたそうです。

はたして本当に彼が犯人なのでしょうか?

彼について

という珍しい苗字と

焼肉店を経営しているという点から

日本人ではないのでは?という疑惑が湧いていますが

その点はどうなのでしょう?

まぁ昔の焼き肉店の経営者は

確かに朝鮮人の方たちが多かったみたいですが

日本人の人もいたでしょうし

これだけでは日本人じゃないと決めつけることはできません。

それと

調べてみたところ

杠という苗字は、佐賀県や島根県に多い苗字らしく

あるサイトの情報によると

全国では1300人ほどみたいですね。

ユズリハという植物が生えている場所が語源とのことなので

おそらく日本人独特の苗字で

彼自身も日本人の可能性が高いような気がします。

FacebookなどのSNSのアカウントを探してみましたが

やはり68歳という年齢もあり

案の定、検索にヒットしなかったので

このようなSNSはやっていないみたいですね。

彼がどんな人物なのか

まだハッキリとしたことは報道されていないので不明ですが

10年前の琵琶湖バラバラ殺人事件では

遺体自体は事件発生から、ほどなく

釣り人により発見され

似顔絵や特徴も公開されたのですが

被害者の身元が特定されたのは

約10年も経ったつい最近です。

もし彼がこの事件の犯人だと仮定すると

今年8月の事件で

逮捕のリスクがあるにもかかわらず

彼が犯行後に被害者のキャッシュカードを利用して

約70万円を引き出していたことにも納得がいきます。

彼の中では

どうせまた身元が判明されないから

使ってもバレないだろうと思ったのかもしれませんね。。。

杠共芳の今後

 

10年前の琵琶湖バラバラ殺人事件の犯人が

本当に杠共芳だとすると

彼は今後どうなるのでしょう?

68歳という高齢ですから

もはや死刑か懲役で死ぬまで刑務所生活と思われますが

更なる余罪はないのでしょうか?

もし10年前に彼が既に殺人を犯して

バレずに何食わぬ顔で生活していたのだとしたら

こういった犯罪に対する

心理的ハードルも下がってて罪を重ねやすいと思うのですが

こんな人間が

本当にこの10年間大人しくしていたのでしょうか。。。

滋賀県警

昨年の2017年に窃盗や傷害、性犯罪など

約400事件の重要書類を誤って廃棄してしまいましたから

今となっては

余罪を検証することも困難なのかもしれません。

それに経営して焼肉店で

もしも犯行に及んでいたとしたら

提供される肉が怪しくて恐ろしすぎます。。。

また続報が入り次第追記したいと思います。

被害者のご冥福をお祈りいたします。