石橋和歩の弁護士の名前は?東名あおり事故の加害者を庇う理由とは。

この記事は約 5 分で読むことができます。

 

東名あおり事故の石橋和歩の弁護士の名前と無罪を主張する理由

 

昨年2017年6月に起きた

東名あおり事故の初公判が始まりましたが

加害者である石橋和歩の弁護士の名前や素性は

明らかになっているのでしょうか?

二人の娘たちの目の前で両親の命が奪われた

非常に悪質で残忍な事件なのに

なぜ、無罪を主張して

悪人の彼を庇っているのでしょう?

調べてみました。

東名あおり事故の加害者 石橋和歩の弁護士

 

東名あおり事故の加害者の

石橋和歩ですが

彼は東名高速道路内で一家4人が乗った乗用車に対し

執拗なあおり運転を行い

前方に割り込んで減速し

高速道路内の追い越し車線に無理やり停車させ

後続の大型トラックに追突させました。

この事故の結果

一家4人が乗った車は大破し、萩山さん夫婦が死亡しました。

こんなことがあったにもかかわらず

彼は、実況見分中には大あくびをしていたり

自身のことを報じた記者に対して、殺意を示す発言をしたり

面会の条件として30万円を要求していたりと

反省の色は全く見えません。

追記

約半年間の間、遺族の感情を逆なでするような言動を繰り返してきた

彼ですが

裁判員裁判の初公判で

ようやく『本当に申し訳ないことをしました』と

謝罪の言葉を発しました。(追記終了)

こんなことをしといて

彼の弁護士は

トラックの追突は車を停車させた後に起こっている』と言い

危険運転致死傷罪は適用されない

と無罪を主張しています。

なぜそこまでして彼を庇うのか

名前や素性を調べてみましたが

現時点は公表されておらず特定できませんでしたが

彼の場合

金銭的に豊かでなく

親とも金銭問題で揉めていたりしていたそうなので

自ら弁護士を雇っているのではなく

国が用意した国選弁護人なのかもしれません。

そもそも

なぜ石橋和歩のような弁護しようがないほどの

凶悪犯を庇うのかという理由ですが

ただ単にお金目的の人もいますし

今回のような世間から注目される事件を担当して

もしこれが無罪になったとすると

この弁護士は凄腕弁護士だと業界内で評価されるみたいです

仮に負けて上手くいかなかったとしても

そもそも厳罰が当たり前なので

弁護する側にとっては失うものはないようです。

もちろん

一般の世間的な評価は下がるでしょうけど

顔と実名が報道されることは稀なので

業界内ではあまり関係ないのかもしれません。

もちろん中には

ちゃんと信念を持った人もいて

真実の追及』と

悪人を弁護しているのではなく、適正手続きを弁護している

という人もいるようです。

適正手続きを弁護というのは

どんな悪人でも

法令の定める適正な手続きに従って裁かれなければならない

という大原則を守るということらしいです。

そして

もしかしたらこの人は無実ではないのか?

と仮説を立てなければならず

心の中では被害者のことを思って泣いていても

毅然として職務を全うしている人も多いそうです。

その一方で

加害者に対して悪知恵をつけさせて無罪にしようとする人もいるので

石橋和歩の弁護士が

どのタイプなのかわかりませんが

この裁判は、あおり運転による死亡事故の

後の基準にもなるでしょうから

これを機に法を改訂し

個人的には最も重い処罰を与えてもらいたいものです。

それと

みなさんは凶悪犯の弁護ばかりをしている

安田好弘をご存知ですか?

彼が担当した

山口県の光市母子殺害事件では

とんでもない主張で加害者の減刑を主張し

世間から誹謗中傷が殺到し

橋下徹弁護士の呼びかけで、テレビ視聴者による

懲戒請求が弁護士会に殺到することもありました。

そのとんでもない主張の一部を紹介しますと

乳児を殺害したことについて

泣きやますために首に蝶々結びをしただけで

殺害後に押し入れに入れたのは

ドラえもんに助けてもらおうと思ったという主張や

乳児の母親(当時23歳)を

殺害して乱暴したことに対して

優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついただけと

殺意を否定しており

殺害の乱暴の件についても

小説にある復活の儀式を真似ただけなど

被害者側にとっては

到底納得できない主張で減刑を求めています。

この光市母子殺害事件の加害者は

2012年に死刑判決が確定しており

現在はそれに不服を唱え再審請求をしているとのことです。

このよう安田好弘ですが

彼をカリスマと讃えて支持する弁護士も沢山いるので

弁護士といえども

色々なタイプがいるみたいですね。。。

東名あおり事故の石橋和歩の今後

 

東名あおり事故の加害者である

石橋和歩は今後どうなるのでしょう?

彼が犯した行為の悪質さに加えて

反省の色が全く見えない暴言の数々から

世間では極刑を求む声が溢れていますが

彼はいったいどうなるのでしょう?

仮にもし

無罪になって晴れて釈放となっても

彼は日本で生きていけるのでしょうか?

もともと

当り屋のような犯罪行為ばかりしていたらしいですし

真面目に働こうと思っても

どこも雇ってくれないでしょうから

また何かしらの犯罪をしそうで本当に恐ろしいです。。。

彼の弁護士の名前や素性、

また過去の弁護歴などが

現時点ではわからないので

どんな思いで無罪を主張しているのかわかりませんが

この人物が

ちゃんとした倫理観の持ち主で

今後の法改定のためなど

高潔な目的と意思を持って弁護に携わっていると信じたいです。

今後の展開に注目したいと思います。