貴ノ岩が引退?退職金を受け取ってモンゴルに帰る可能性も浮上。

この記事は約 4 分で読むことができます。

 

貴ノ岩の引退の可能性と相撲協会が彼に下す処罰

 

2018年の平成最後の冬巡業の最中

貴ノ岩による暴力事件が明らかになりました。

彼が引退する可能性はどのくらいあるのでしょう?

かつては

日馬富士による暴力事件の被害者だった彼が

今度は加害者として裁かれてしまいますが

彼はこれを機に

退職金を受け取り祖国のモンゴルに帰るのでしょうか

調べてみました。

貴ノ岩の引退の可能性

 

今回、巡業先の福岡のホテルで

23歳の付け人が忘れ物をしたことを理由に

顔を4、5発も殴る暴力事件をおこした

貴ノ岩ですが

彼が引退する可能性はあるのでしょうか?

相撲協会が下す処分は

軽い順に

けん責(注意)、減俸、出場停止、業務停止

番付降下、引退勧告、解雇、除名

とありますが

今回の貴ノ岩のケースでは

おそらく最も重くても

サラリーマンで言うところの依願退職で

退職金も支給される引退勧告ではないか?と言われています

それより厳しい解雇や除名になると

よっぽど悪質な場合に限られますので

今回は一番重い処罰でこの辺が妥当だと言われています。

(相撲協会が現在の体制になってから除名された力士は存在しません。)

ですが

最近のケースを考えると

同じように付け人に暴力を振るった

貴公俊は『1場所出場停止』の処分なので

貴ノ岩も、

同じぐらいの出場停止の処分で収まる可能性の方が高い

個人的には思います。

ちなみに日馬富士や朝青龍は

相撲協会から正式な処罰が発表される前に

自主的に引退を表明し退職金などを確保しました。

話を戻しますが

仮に彼が力士として

活動できる権利を失わずに済んだとしても

はたして

彼に相撲をこれからも続ける気力はあるのでしょうか?

出場停止の処分になれば

実質的に番付を降格せざるを得ない状況になるでしょうし

今回の彼の暴力事件は

昔は被害者だった、いじめられっ子が

いじめっ子になるようなもので

世間からかなりのバッシングを受け

引退しろ』という声も少なくありません。

そんな完全に周囲から嫌われている状況で

彼は土俵の上に立って自分の相撲が出来るのでしょうか?

それに相撲界といえば

タニマチとも呼ばれる

個人的に支援してくれるスポンサーの存在が

力士にとって非常に重要な存在だと言われていますが

今回の事件で

彼の元を去ってしまう恐れだってあります。

年齢的な面からも

現在28歳(2018年12月の時点)の彼は

力士にとって最も円熟している時期ともいわれますが

同時に怪我や故障に悩まされ

引退も考えだす年齢だと言われています。

今のこのタイミングで

自ら引退を表明すれば

平幕の彼は退職金もそれなりに貰えるのですが

もし今後、番付が十両に降下すれば

貰える退職金も激減してしまいます

これまでの人生の大半を相撲に捧げてきた

彼にとって

引退か現役を続行するのか非常に難しい選択ですよね。。。

仮にモンゴルに帰ることになっても

日馬富士に対して

3000万円の慰謝料を請求した件で

モンゴル国内でバッシングをかなり受けているので

まさに行き場のない状況に追い込まれてしまってます

(バッシングに悩むモンゴルに住む家族のため、この慰謝料請求は取り消されました)

はたして

彼は今後どうなってしまうのでしょう。。。

貴ノ岩に残された道

 

貴ノ岩は今後どうなるのでしょうか?

相撲協会が下す処分とは関係なしに

自らが引退を選ぶ可能性も十分にありますが

もし辞めてしまった場合は

どうやって生きていくのでしょう?

今回の暴力事件が発覚する前までは

貴乃花が陰ながら支援して

一生面倒を見ていくものだろうと

私は思っていましたが

こんなことになってその話も消えてしまったのかもしれません。

彼にとって残された最良の道は

しっかりと反省して

がむしゃらに相撲を頑張って

良い相撲をお客さんに見せることだと思うので

辛く厳しい道ではありますが

これからも頑張ってもらいたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。