高橋里華は乳がん?奇跡のウエディングの末期がんナースとの関係は?

 

高橋里華が乳がんはデマ?意外な事実が発覚!

 

かつてのCMクイーン、高橋里華の壮絶人生!

義父の介護に加え、自身は乳がんで闘病生活は嘘?

みんなのキニナル所に切り込んでみたいと思います。

 

 

 

高橋里華が乳がんのウワサ

 

90年代、勢力的にタレント活動をしていた現在45歳の高橋里華さん。

最近ではテレビなどで見かけることはほとんどないため、ご存知の方は少ないかも知ませんね。

実は92年のフジテレビビジュアルクイーンに選出され

その活躍は当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったんです。

このプロジェクトは92~02年まで続いた将来有望なタレントの登竜門的なもので

こんな人物が名を連ねています。

内田有紀(93年)、稲森いずみ(94年)、華原朋美(95年)、吹石一恵(97年)、沢尻エリカ・香里奈(02年)など。

今でも活躍している方が多数いるようですね。

そんな彼女がどうしているのか気になりネット検索してみると、

なんだかとても平穏な日々を送っているとは思えない内容でした。

どういうことなのでしょう。

そのうちの一つとして乳がんではないかと囁かれていますが、本当なのでしょうか。

結論から言うと違います。

別人で同姓同名の高橋梨香(旧姓:山内)さんと勘違いされ噂が広まったようです。

当時看護師だった高橋梨香さんは、32歳の若さで乳がんが発覚。

リンパ節や骨に転移しながらも前を向いて抗がん剤など様々な治療を賢明に続けました。

その後見事にゴールイン。

末期のがん患者でありながらご結婚されたそうで

その体験記として詳細を『奇跡のウエディング末期がんのナースが誓った永遠の愛』や、

2010年出版の著書『奇跡のウェディング』にて語っています。

職業柄、病人と触れあう環境だったにもかかわらず

どこか他人事だったことが、自分が病気を患ったことでたくさんのことを学んだそうです。

本の内容は、看護師ならではの目線で書かれているため

看護師を目指す人のバイブルとされたり

実際闘病中の方からは勇気付けられたという声もきかれるようです

ところでこのガンは、乳腺の細胞にできる悪性腫瘍のことで

日本人女性の12人に1人が発症するといわれているようです。

近年死亡要因のトップに挙げられており

年齢問わず誰しもに発症する可能性のある恐ろしい病です。

しかし、早期治療で治る確率は90%とのことですから

早めに発見するため病院での定期検診に加え

セルフチェックをまめに行うなど

普段からの心掛けがいかに大切か、ということを改めて感じずにはいられません。

高橋里華の現在

 

高橋里華さんの話に戻したいと思います。

彼女の現在はどのような様子なのでしょうか?

2008年頃まではテレビ出演など表舞台に度々登場されていますが、その後はパッタリと見かけなくなりました。

それにはプライベートが関係しているようですね。

2006年、36歳のときに谷さんという

映像制作やCMディレクターの仕事をされる方と結婚。

旦那さんはインディーズバンド「クールジャム」に所属されているそうで、結婚式はなんとライブハウスで行われています。

2010年に長女の星乃歌(ほのか)ちゃん

2013年に次女が誕生しています。

いかにもミュージシャンらしい名付けですね。

実は彼女、忙しい子育てに加え

2011年からは義理の両親との同居を開始し、介護に追われているといいます。

彼女自身は乳がんの噂はデマで健康で良かったものの

義母は膀胱がんを患っており

義父は認知症の症状があるそうで、介助が必要な二人の世話に追われ

忙しい夫の手を借りることもままならない壮絶な生活を送っているようです。

2016年4月のTBS系テレビ番組『爆報! THE フライデー』にて

その介護の様子が映し出されていたようです。

そんな事情から、表に出る機会が少なくなったという訳ですね。

その分謎の多い彼女ですが

ブログで近況を発信されているようなので

気になる方はチェックしてみられてはいかがでしょうか。

最近では元タレント仲間と一緒にフラダンスのチーム「ラウレア」を結成し、活動などの近況を語られているようですよ。

まとめ

 

全盛期はCMに多数出演し、CMクイーンの異名をとっていた高橋里華さんですが

巡りめぐる運命により、文字通りW介護を請け負うという、その生活は激変していったようですね。

やっぱり、つくづく人生って分からないものだと思い知らされました。

それだけの活躍をみせた彼女ですから

昔とった杵柄で、近い将来画面でみる日々が訪れるかもしれませんね。

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。