マイケルジャクソンの死因に黒幕がいる?不穏なウワサの真実とは!

この記事は約 5 分で読むことができます。

 

マイケルジャクソンの死因が怪しい?いったいどういうこと?

 

2009年6月25日、自宅にて亡くなったとされるマイケルジャクソン。

その周りには陰謀や疑惑

まことしやかにウワサされているようです。

彼の死は金の猛者の黒幕の仕業

それとも・・・?

探っていきたいと思います。

 

 

 

マイケルジャクソンの最期

 

言わずと知れた世界的エンターティナーであるマイケルジャクソン

生前、整形や幼児虐待疑惑など

何かと世間を賑わせてきた彼ですが

没後9年程経過した

現在でも尚その偉大さから、

未だに死の真相について語られることが多いのですが、

裏には謎が隠されている、とか

黒幕がいるのではないかなどと囁かれています。

今のところ明かされている

死亡時の現場の状況はこうです。

死因は専属医師である

コンラッド・マレイによる

大量の麻酔薬プロポフォールの投与にあるとされ

容態が急変したにも関わらず

すぐには通報せず

空白の20分間があったといいます。

よって第一の疑惑の目は

当然のごとくマレイ氏に向けられました。

ただこのマレイ氏の雇い主が

コンサートのプロモーターである『AEGライブ』だったそうで

マイケルの母親がこの会社に対し、

400億ドル(約4兆円)の損害賠償を求め裁判を起こしています。

生前は、

殺されるかもしれない

母や専属カメラマンに打ち明けていたそうなのですが

そのカメラマンは謎の死をとげているといいます。

彼は何かを予感していたのか、

確実な証拠を掴んでいたのか・・・

決定的証拠となりそうなのが

死の1週間前にやりとりされたある人物のメールの内容です。

それは、

先述の会社AEGライブのランディ・フィリップス社長と

マイケルの盟友である

ケニー・オルテガとの間に交わされたもので、

様変わりする友人をみて心配するオルテガをよそに、

フィリップスは

「専属医師がうまくやっている」とする

旨のメールを送ったと言われています。

また、

数年経ってからも

防犯カメラの映像が公開されないなど不審な点があり

警察までもがグルなのではないかなど

様々な憶測を呼んでいるようです。

しかし背後ではもっと大きな波がうごめいていたようです。

CIAが絡んでいるのではないか?などの説がありましたが

中でも信憑性があるのがイルミナティの関与です。

秘密結社ともいわれ、

関連してフリーメイソンを思い浮かべる人もいるかと思いますが

実際は異なる組織で、

そこから派生したものと考えられるようです。

たびたび都市伝説などで

話題に出るので耳にしたことのある方も多いかもしれません。

なぜこの組織が関わるといわれているのでしょうか。

実はマイケルをもともとスターダムに押し上げたのが、

イルミナティの存在であり、

芸能界やハリウッドなど、

あらゆる裏組織を支配し

人類に対し

世界的にある種の洗脳をしているのだと

恐ろしい見解があります。

最初から利用されると分かった上で

売れるため言いなりになるタレントも多いのだといわれ、

それに途中で嫌気がさしたのか

歌詞に批判する内容を織り込んだりして

裏組織のそういった悪巧みを暴こうとしたようです。

そのため

殺されたのではないかというのです。

一時スキャンダルとして騒がれた

少年に対する性的虐待については

マスコミを利用し捏造されたものであり

世間に悪いイメージを与え

CDセールスを妨害するためだったといわれます。

その証拠に親友である

女優のエリザベス・テーラー

彼は今までに会った人物の中で一番まともである」と発言しています。

そして、

本格的に裏組織の実態を世間にさらそうと計画され

死の二日後にスタートするはずだった、

ロンドンでのコンサートツアーを決行させまいと

彼を死に至らしめたといわれているのです。

また、

過去の要人の不審死に関わると噂されており

なんとあのケネディ大統領、

日本の政治家である中川昭一、

ジョン・レノンもこの組織による暗殺を噂される人物です。

CIAさえも手玉にとり

さらには歴史も都合の良いように塗り替えてきたとまでいわれ、

どんな存在を持ってしても太刀打ちできないと恐れられている

組織の全容が明かされる日はやってくるのでしょうか。

まとめ

 

没後10年近く経つ現代でも語り継がれる

マイケルジャクソンの功績は計り知れないものがありますね。

大スターの貫禄というか、

運命というべきなのか・・・

遺された家族やプリンス・パリスといった

子供達が背負っていくものにも

想像を絶するものがあるのではないでしょうか。

あの日にいったい何が起きたのか

真相が明らかになり

彼の無念が晴らされる日がやって来ることを祈りたいと思います。