四十宮直樹の動機は?タイ人女性殺人事件の犯人の内面とは。

タイ人女性殺人事件の犯人の四十宮直樹とは?動機がヤバすぎる。。

タイ人女性殺人事件の犯人である四十宮直樹(よそみや なおき)ですが

彼の犯行の動機が酷すぎると話題になっています

昭和大学の医学生でまだ20歳の彼は

なぜ当時19歳で初対面の被害者を撲殺したのでしょう?

彼の内面とは?

調べてみました。

タイ人女性殺人事件の犯人、四十宮直樹の動機

四十宮直樹について

現時点で報道されている内容は以下の通りです。

【年齢】

20歳

【学歴】

昭和大学の医学部の二年生

【住所】

千葉県船橋市前貝塚町

【犯行内容】

2018年12月18日午後8時30~55分頃の約20分間の間に

東京都台東区根岸1丁目のホテル5階の一室で

派遣型サービスのタイ人女性をトルクレンチで殴り殺害

犯行後

自身はホテルの窓から飛び降り重傷を負い入院。(現在は退院)

以上がタイ人女性殺人事件の概要ですが

動機について彼は

「棒を使って強くたたき過ぎて女性が亡くなった。殺すつもりはなかった」

出典:朝日新聞デジタル

こう供述し、殺意について否認していますが

どういうことなのでしょう?

調べてみると

殺人の罪で罰する際の必要事項として

殺意があったかどうか?は非常に重要なポイントで

もし殺意がなかったら殺人罪ではなく、また別のい罪状の傷害致死罪や過失致死罪になるので

死刑はおろか無期すらなくなり

かなり減刑されることから殺人犯は殺意を否定することが多いみたいですね

昭和大学の医学部に通うくらいなので

おそらく親も経済的に豊かでしょうから

ちゃんとした弁護士も雇っていて、色々と考えながら供述しているのかもしれません。。。

とはいっても

トルクレンチが凶器ですから

あんなもので頭を殴られたら普通の人は亡くなって当然です

ましてや医学生だった彼が

そんな常識をわからないハズはないと思うのですが。。。

なぜ彼はこんな凶行に手を染めてしまったのでしょう?

学校や勉強でのストレスか

親への反発か

ただ単に自分の欲望を満たしたかったのか。。。

何があったのか本人が供述するまで本当の事は不明ですが

どう考えても最悪で心が腐っています。

被害者はタイから日本にきて

彼女がやっていた派遣型サービスの水商売も

決して楽な仕事ではなくて辛いことも多い中

一生懸命生きていたと思うと本当に気の毒です。

こういった事件があるたびに思うのですが

どんな人生を歩んだらこんな風に育ってしまうのか?

親はどんな接し方をしてきたのか?

などの生い立ちをもっと世間に広めて反面教師にするべきだと思います。

彼は今後どうなるのでしょう?


四十宮直樹の今後

タイ人女性殺人事件の犯人の四十宮直樹ですが

彼は今後どうなるのでしょう?

動機についてもハッキリとしたことは未だ明らかにしておらず

殺意についても否認していますが

状況を客観的に見ると殺意があったにしか思えないので

殺人罪が適用される可能性が高いのではないでしょうか

ニュースに映った彼の顔写真などの外見を見る限りでは

根暗で心が屈折していてプライドだけは高いような雰囲気で

いかにもという感じです。

外見だけで判断するわけではないですが

ヤバそうな人は表情や雰囲気に出ますよね。。。

はたして彼は更生できるのでしょうか?

事件についてのネットの声がこちら

などなど

他にもみなさん衝撃を受けているようです。

被害者が可哀そうでなりません。。。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。