時津洋が死去。死因の心不全の詳しい病状は?享年49歳という早すぎる死に心が痛む。

時津洋の死去はなぜ?死因の心不全とは?

大相撲の元幕内で現在はちゃんこ店を経営している

時津洋(ときつなだ)さん(本名:吉岡宏典)が

2019年2月14日に死去されたことが判明しました。

死因は心不全とのことですが

いったいどのような病状だったのでしょうか?

享年49歳というその早すぎる死の原因とは?

調べてみました。

スポンサーリンク

時津洋の死去と死因

49歳という若さで死去された

時津洋さんですが

公表された死因は心不全とのことです。

そもそも心不全とはどのような病気なのでしょう?

国立循環器病センターによると

心不全とは、病名ではなく、「心臓の働きが不十分な結果、起きた体の状態」をいいます。

もちろん、心臓の働きのうち、どの働きが、どの程度、低下しているのか、その低下が急に起こってきたのか(急性心不全)、徐々に起こってきたのか(慢性心不全)によって、心不全の種類や程度はさまざまです。

出典:国立循環器病センターHPより

とのことです。

これを読んでわかるように

ハッキリとした特定の病気ではなくて

心臓に不調をきたしている状態を表す言葉みたいですね。

そして次にこう記載されていました

風邪、過労、ストレスが引き金になって急性心不全が起こることがよくあります。また、急性心不全が原因不明の突然死の原因になることも考えられます

出典:国立循環器病センターHPより

それにもっとよく他の情報源からも調べてみると

そもそも

心不全という死因は

心臓が何らかの原因で停止して死に至った時の死因として使われるので

かなり広い意味をもつ言葉みたいです

時津洋さんは

急性の心不全で朝の9時12分に自宅で死去されたようですが

やっぱり力士の人たちは

若い頃にあれだけの体格を維持するためにムチャをしてきたでしょうから

こういうケースは珍しくないのでしょうか。。。

調べてみると、

1980年から2002年までに亡くなった

幕内経験がある力士100人の平均寿命は63.6歳だったというデータもあるらしく

普通の人よりも

15歳近く短命だということが判明したみたいです。(2002年の男子の平均寿命から)

最近の彼は

相撲協会を2001年の9月に退職して

2003年から都内でちゃんこ店を経営していました。

お客さんからの評判を見てみるとご本人も店舗にいて健康そうで

感じの良い対応でみなさんから愛されていたようです。

本当に惜しい方を亡くされました。。。

彼と同じように

ある日突然この世を去った有名人は他にも多数います。

大杉蓮さんや地井武男さん

松浦亜弥さんのモノマネで有名な前田健さんや

ドラゴンボールのブルマなどの声を担当した声優の鶴ひろみさん

などなど

他にも多くの方が突然死されています。

日本心臓財団によると

心不全の患者さんは、薬物療法に加えて日常の生活管理がとくに重要です。心不全の悪化の原因はさまざまですが、その原因の多くは患者さんのちょっとした心がけで回避することができます。生活習慣を変えるためには、本人の自覚もちろん大切ですが、高齢者の場合、家族や周囲の人の協力も不可欠です。

出典:日本心臓財団HPより

とのことで

塩分や水分の摂りすぎに注意したり禁煙など

色々な生活習慣を見直すことで悪化を防げるそうなので

自分だけは大丈夫と思わずに

日頃から健康に気を付けることが大事なのかもしれませんね。


時津洋の死去に対するネット上の反応

などなど

他にも大勢の人達が

時津洋さんの死去の訃報にショックを受けているようです。。。

今回、彼の死因の心不全を詳しく調べてみましたが

私たちもあらためて健康に気をつけなければいけないのかもしれませんね。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。