堀ちえみの子供は何人で年齢は?家族構成や現在の状況は?

この記事は約 4 分で読むことができます。

堀ちえみの子供は何人?年齢など詳しい家族構成は?

口腔がんの舌ガンのステージ4だと公表された堀ちえみさんですが

彼女の子供は何人いて、

それぞれの年齢はいくつなのでしょうか?

家族の仲やエピソードなども

色々と調べてみました。

堀ちえみの子供

堀ちえみさんの子供が何人なのか結論から言うと

実子が5人で再婚相手の連れ子が2人の合計7人です

彼女の場合、家族構成がちょっと複雑なので

まずは結婚歴と出産歴を見ていきましょう。

彼女は22歳になる年の1989年に外科医の男性と初めての結婚をしました

当時は普通でしたが、今の芸能界で考えると22歳での結婚はタレントさんにしては早いですよね。

その翌年の1990年に長男の昴平(こうへい)さんが誕生し

1992年に次男の健汰(けんた)さん

1993年に三男の叡弘(あきひろ)さんが誕生します。

しかし4年間の別居生活を経て1999年に彼女は離婚してしまいます。

この三人は現在は既にもう大学も卒業して社会人として就職し

実家から出て行っているみたいですね。

そしてその翌年の2000年。

今度は出版社に勤める男性と再婚します。

そして同年

四男の楓季(ふうき)さんが誕生し

2002年には長女の彩月(さつき)さんが誕生します。

しかしまたも彼女は

2010年に離婚し、翌年に再婚という道を選びます。

再婚相手はパチンコメーカーのSANKYOの役員の尼子勝紀さん。

実は彼も再婚で2人の連れ子がいました

こうして彼女は7人の子供たちの母となったのです。

それぞれの詳しい状況をまとめてみると以下のようになります。

長男、次男、三男は

既に就職して親元を離れているようで

現在一緒に住んでいるのは

四男で今年2019年に高校を卒業する楓季(ふうき)さんと

長女で高校1年生の彩月(さつき)さんです。

尼子勝紀さんの連れ子とはどうやら一緒には住んでいないみたいですよ。

彼の連れ子は

大学生の真由さんと、同じく大学生の息子、尋紀さんは

それぞれ一人暮らしをしているらしいですが

別に家族の仲が悪いというわけでもなく

堀ちえみさんのブログでは

一緒に鍋パーティーをするために実家に帰ってきたり

社会人になった三男の叡弘(あきひろ)さんも

就職したといっても実家が好きなようで頻繁に帰ってきているようですよ。

他にも映画『ボヘミアンラプソディー』をみんなで観に行ったり

血の繋がっていない息子の尋紀さんにしても

彼女のことを気遣って夕食を代わりに作ったりもして優しい一面を見せていたりと

傍から見ると

複雑な家族構成ですが

結構みなさん仲良くやれている印象を受けました

こういった家族の仲睦まじい様子を知ると

尚更、彼女には何が何でも口腔がんを克服して長生きしてもらいたものですよね。。。

堀ちえみの子供の今後

堀ちえみさんが

口腔がんのステージ4とわかったのは2019年の1月下旬のことですが

彼女のブログを改めてみると

子供たちが精いっぱい気遣って

何か自分に出来ることはないか?という気持ちが伝わってきます

たとえ血の繋がりがなくても、子供が何人いようと

こういう風な関係が築けるのは素敵なことだと思います。

四男の楓季(ふうき)さんは春から大学に進学しますし

連れ子の真由さんも就職が控えていたりと

年齢の面でも何かと大変で不安な時期でしょうが

サポートしているのは本当に偉いと思います。

堀ちえみさんが患っている口腔がんの中の舌ガンは

ステージ4で5年生存率が50%台ですから

あまり良い状況ではありませんが

最悪な状況というわけでもありませんので

なんとか奇跡の復活を遂げて、また元気な母親として子供たちの成長を見守ってほしいです。

病状の回復を心からお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

一瀬 恵里佳

福岡県出身の1987年生まれ。 地元の高校を卒業後、 数年間のフリーター経験やオーストラリアへの海外留学を経て 最終的には知人が経営する飲食店に就職し、約2...

プロフィール