東京福祉大学は留学生だらけ?行方不明が700人もいて不法滞在の温床になってしまう。

東京福祉大学で700人が行方不明。留学生だらけでヤバいと話題に。

東京福祉大学が留学生だらけで

行方不明者が700人もいると話題になっていますが

いったいこれはどういうことなのでしょう?

不法滞在の温床にもなっているとウワサもある

この一連の騒動について調べてみました。

スポンサーリンク

東京福祉大学は留学生だらけ?

話題となっている東京福祉大学ですが

やはり留学生だらけというのはあながち間違っていないそうです。

ホームページにもこう記載されています。

東京福祉大学では、国際的な社会貢献をめざし、留学生を積極的に受け入れています。日本語能力の養成、学部での学び、大学院での研究など、留学生のさまざまなニーズに対応できる教育体制を構築。留学支援室を設置し、専門の職員が留学生の学習や生活を親身にサポートしています。また各キャンパスでは、留学生のために通学に便利な場所に住居を用意しております。来日当日から入居が可能で、寝具・冷蔵庫・電子レンジ・ガスコンロなどの家財も大学負担で完備しておりますので、安心して留学生活をスタートできます。 さらに、現在も多くの大学と国際交流協定の締結をすすめています。
出典:東京福祉大学HPより

来日したその日から入居が出来て

家具や家電も用意されているなんて凄いですよね。

気になる学費ですが

日本語別科では

1年で73万円、2年で136万円とのことです。

これが高いのかどうか相場がわからないですが

5000人もの留学生が在籍しているみたいです。

ですがなんとそのうちの700人もの留学生が行方不明になっているそうです。。。

しかも、入国管理局によると

不法滞在になっている人も数十人もいるんだとか。

ちょっと普通じゃないですよね。

そもそもこの東京福祉大学とは

どのような学校なのでしょう?

偏差値は35~37くらいのレベルで

口コミを見ると結構高評価も多くて良さそうな大学という印象です。

ですが一方では

700人もの人達がわずか1年間で去って姿を消しているのですから

なかなか馴染めない人も多いのかもしれませんね。

除籍されたモンゴル人の男性によると

勉強がやりたくて入ったけど、全然しないから辞めたと報道のインタビューに答えていましたから

人によってはこういうケースもあるみたいですね。

行方不明になった700人は今どのような生活をしているのでしょうか?

除籍処分となれば

もちろん住んでいる所も追い出されると思うのですが

そうなった時、借りれる物件を探すのも一苦労でしょう。

この人達がどこで何をしながら生きているのかわかりませんが

このような事態をつくってしまった東京福祉大学にネット上では厳しい意見が多々見られます。

この問題ははたして今後解決するのでしょうか。。。


東京福祉大学の留学生の今後

東京福祉大学で留学生だらけにも関わらず

そのうちの700人もの人達が行方不明になっている騒動ですが

今後解決するのでしょうか?

パンフレットには「お金持ちになる夢につながる」と書かれていますが

今後も大量に留学生を甘い言葉で入学させるのでしょうか。。。

外国人の人達が増えることは増えすぎない限りは個人的にはどうも思いませんが

逃げ場のない貧困で切羽詰まった外国人が増えるのは

犯罪にもつながると思うので

行方不明になった本人たちの為にもなんとかして解決してもらいたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。