須江拓貴のインスタグラムとfacebookのアカウントは?アポ電強盗の犯人の投稿がヤバい。。。

この記事は約 5 分で読むことができます。

アポ電強盗の殺人事件の犯人として逮捕された

須江拓貴(すえ ひろき)(22歳)ですが

インスタグラムやfacebookのアカウントは特定されているのでしょうか

余罪も沢山あるような投稿が報道されましたが

いったい彼はどのような人物なのでしょう?

調べてみました。

須江拓貴のインスタグラムとfacebook

犯行前に被害者に電話をかけて押し入り

住人の80歳の女性を殺害し金品を盗んだアポ電強盗の犯人として逮捕された

須江拓貴ですが

こちらが彼の顔画像です。

須江拓貴の顔

そして彼は

インスタグラムで以下のような発言をしていたと報道されています。

「来年は捕まらないことw どんなに悪いことしてもうまくやって捕まらないこと。」

「毎日暇や、もっと刺激をくれ」
出典:FNN PRIMEより

そして他にも

今年は半年あの中にいて無駄でしたね。

今まで色々やってきたし

という発言もあったことから

彼は前科あって半年間ほど刑務所に入っていたのではないでしょうか?

そして知人には

やるならアフターケアとバックアップしますよw 少なくても500万多くて2000万ですね

気合あればいけますよ

と強盗の共犯者になるように誘っていたそうです。。。

その知人曰く

今回の事件後も

全く反省していない様子でこう答えていたそうです。

須江本人がそれを言って、「おさえていたら死んじゃったんだよね」みたいな。(須江容疑者)本人は「車もつぶしたし、証拠隠滅したから絶対捕まることはない」って言ってたらしい。
出典:FNN PRIME

そんな彼のインスタグラムのアカウントですが

フルネームで検索をかけたところ、それらしい人はヒットしませんでしたし

彼自身が投稿した言葉で検索してみましたが

通常のコメントならこれでYahooやGoogleで特定できるのですが

彼のコメントは投稿内の返信コメントみたいなので

残念ながら検索に反映されず、この手段でも特定できませんでした。

報道されている彼のインスタグラムの写真を見ると

アカウント名がわかるような箇所は白塗りされているのですが

日付が2018年の12月31日ということから

最近まで彼は活発に利用していたことがわかります。

そして

いいね!が24件ついていて

一番下には「ログインすると いいねやコメントができます」があるということから

一般に公開されていて鍵付きではないことがわかります。

彼は普段から

お金の画像やブランド品の画像を投稿して羽振りの良さをアピールしていたみたいですから

おそらく

ハッシュタグでお金、副業、などで検索して

地道に探していけば特定できると思いますが、数が多すぎます。。。

一方でfacebookとTwitterは本名で登録しているため

すんなり見つけることができました。

しかしこちらはほとんど利用されておらず

Twitterに至っては、

二万で原チャいる人ー?」というつぶやきと

以下のつぶやきだけです。

日付は2013年ですから

彼は17歳そこそこの時からこんな感じで悪さばっかりしていたのでしょうね。。。

そしてfacebookでは

バイクや車の画像が数点あるだけなのでプライベートがどんなものだったのか不明で

これといった目新しい情報はありませんでした。

彼は今後どうなるのでしょう?

須江拓貴の今後

須江拓貴の今後ですが

強盗殺人の刑罰は無期懲役か死刑のどちらかとなっており

彼の場合は

インスタグラムの投稿や知人の証言から

余罪の可能性や犯罪を悪いとも思っていないことが明らかになっていますから

死刑になってもおかしくありません

過去の判例を見てみると

2011年に主婦と象印マホービンの副社長を殺害した強盗殺人事件の犯人の

西口宗宏は死刑が確定していますし

2012年に不倫相手の女性二人が殺害され金品を盗まれた事件でも犯人に死刑が言い渡されています。

こうみると被害者が二人以上の場合は

高確率で極刑が言い渡されるのかもしれません。

その一方で

2004年に千葉ロッテマリーンズの元選手だった小川博が

勤務先の産廃処理会社の会長宅に借金の申し込みに行ったときに

住み込みの家政婦の女性に借金を断られたことに逆上して殺害してお金を盗んでしまった事件では

無期懲役が確定しています。

はたして須江拓貴の場合はどのような判決が下されるのでしょうか?

被害者のご冥福をお祈り申し上げます。

関連記事

アポ電強盗の犯人を逮捕。犯行メンバーの須江拓貴、小松園竜飛、酒井佑太の情報。

一瀬 恵里佳

福岡県出身の1987年生まれ。 地元の高校を卒業後、 数年間のフリーター経験やオーストラリアへの海外留学を経て 最終的には知人が経営する飲食店に就職し、約2...

プロフィール