オバマは現在、何を?前大統領の金遣いが荒すぎて評判はガタ落ち?

 

オバマの現在が凄いと話題!いったい何をしているの?

 

2017年1月に退任したオバマ 前アメリカ大統領。

彼は現在、何をしているのでしょうか。

(トランプと比べると?)好感度が高かった歴代大統領の一人ですが、

ここにきて、どうも評判ガタ落ちの噂が・・・

早速調べてみることにしましょう。

オバマの現在

 

2009年の就任当時「イエス ウィー キャン」が流行語ともなっオバマ 前アメリカ大統領、現在56歳。

47歳でしたがそれから9年経過した現在。

写真を比べると一目瞭然!髪の毛は、黒毛から白髪頭に様変わりし、大国の主を務めた苦労がにじみ出ているようです。

初の黒人からの当選ということも話題となりましたし、

小浜市も地名から便乗するなどオバマブームに沸き、日本でも社会現象となりましたね。

そんな彼が懐かしい気がしますが

第44第アメリカ大統領として8年の任期を終えた今はどんな生活をしているのでしょうか。

トランプ大統領のとんでも発言に反応し皮肉ったりする様子は伝わってきますが、

すっかり過去の人になってしまったかのようです。

いままでの慣例では、次の大統領が決まったらすぐにワシントンを離れ

講演会を開いたりボランティア活動をしたりとしているそうなのですが

彼の場合一風変わったことになるようだとの話があるようです。

一家は末娘のサーシャが中等学校を卒業する数年後まではワシントンで暮らすようですし、

当の本人は、求人サイトで仕事を探さなくては、などとのジョークを飛ばすなどしているそうですが、

誰しも気になるのは、まずはお金の話題ですよね。

一度大統領となると簡単には再就職などはセキュリティの関係などから難しいそうなのですが、

そこは国からの補償が手厚いようですから安心してください。

例外なく彼にも多額の年金が支給されるようです。

年間20万ドル、日本円にして約2000万円が支払われ、加えて

医療費や旅行費、通信費などの手当てがもらえるそうです。

さらに身辺には一生警備がつけられるとの話があり

これは命が狙われる危険性があることはもちろんのこと

機密情報を知ってしまっている事から監視の意味もあるといいます

民間人となったとはいえ、このような大きな要職についた人物には

やはり重い十字架が背負わされるということになりそうですね。

とはいえ

元大統領であるクリントン氏は一回の講演で1400万円

今までに216億円を稼いだといいますから

賞味期限がきれない内に彼も手を打つのではないでしょうか。

やはり、回顧録の出版で稼いでいるとの気になる話を見つけました。

なんとその額は68億円とも!

これは、先のクリントン氏の過去最高額17億円をはるかに上回る金額で

昨年9月のニューヨークのウォール街での講演料は驚くなかれ、4500万円とのお話。

つまり、1回の講演で大統領の年収相当にあたる額を叩き出したといえます

しかも、ウォール街と政治家の癒着をさんざん批判してきた立場であるにも関わらずの

今回の行動に疑問視する声が上がっているそうです。

さらにはその利益で

別荘を幾つも所有し長期のバカンスに出かけるなど

セレブ生活を満喫しており、かつての支持者をガッカリさせているんだとか。

その生活は退任直後からはじまり

まずは家族でタヒチにて1泊150万円程する超高級ホテルに約1ヶ月のロングステイ。

総額7000万円程かけたといわれる贅沢三昧だったそうです。

その後ホワイトハウス近くの高級住宅街にあるという6億円の豪邸に移り住み、

ハワイとカルフォルニアには億単位の別荘を所有、

さらに別荘滞在時にはゴルフを堪能する生活を送っているんだそうです。

過去には庶民派といわれた存在である彼の変貌ぶりに開いた口がふさがりません。

そこにはミシェル夫人が金遣いの荒さが影響しているといいます。

夫人が生まれ育った環境は極貧であり、そのため彼女をそうさせているとの説があり

生活水準を落としたくないとの強い意向があるそうです。

まとめ

 

まずはミシェル夫人とともに

オバマ財団の運用に力を入れるのではないかと言われていたオバマですが、

今後の展開にはどのようなビジョンを描いているのでしょうか。

現在は娘の卒業後にワシントンからシカゴに移り住む計画だそうで、

今月2018年の3月末には民間人となり初の来日予定があるそうです。

一体どんな話がきかれるのか楽しみですが、

もしかすると多額の講演会費用の請求が待っているかもしれません・・・

今後彼が何をするのか注目ですね。

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。