萩原健一の若い頃は?エピソードが凄すぎて今の世の中じゃ考えられない。

この記事は約 5 分で読むことができます。

68歳でこの世を去った萩原健一さんですが

彼は若い頃どんな人物だったのでしょう

驚きのエピソードやその人気ぶり、

また4度に渡る逮捕歴や

今の世の中では考えられないような破天荒な人生とは?

色々と調べてみました。

萩原健一の若い頃とそのエピソード

2019年の3月26日に

GIST(ジスト)呼ばれる消化器官のガンが原因で亡くなられた萩原健一さんですが

彼の若い頃は色んな意味で凄かったようですよ。

まずはその人気ぶりです。

アラサーの私は俳優としてのイメージしか知らなかったのですが

元々は『ザ・テンプターズ』というバンドで活動していて大人気だったそうです。

世代じゃない私でも名前くらいは聞いたことがありますし

後に『PYG(ピッグ)』という人気バンドメンバーが結集した夢のコラボグループで

ジュリーこと沢田研二さんとツインボーカルを務めるほどの大スターだったようです

その後、俳優に転向してからも

その高い演技力を買われ、数々のヒット作で重要な役柄を演じました。

仕事面では順風満帆に見えた彼ですが

その後、4回も警察のお世話になってしまいます

最初の逮捕は

彼が32歳の時です。

若い頃と言っていいのかわかりませんが

この時は大麻を所持していたことがバレて大麻取締法違反により逮捕されています

彼はこの頃

映画の役作りのために大麻やコカインを常用していたと後に明かしています。

結局、執行猶予が3年ついたので

この時点では服役することはなかったのですが

わずか約半年後の翌年1984年には

飲酒運転で人身事故を起こして逮捕されています。

その後も彼の暴走は続き

ゴシップを撮ろうとした週刊誌の記者とカメラマンに暴行して書類送検されたり

(この件は嫌疑不十分で起訴されませんでした)

またも車で人身事故を起こして業務上過失致傷罪に問われたり

最後は2004年の54歳の時に

自らの不祥事が原因で降板になった主演映画の前払い出演料の返還の件で

プロデューサーとトラブルになった際に

暴力団の名前を出して脅迫したことで逮捕されました。

女性関係も奔放で若い頃から

同時進行で複数の女性と交際していたり

晩年では、12歳年下でモデルの冨田リカさんと結婚して落ち着いていますが

それまでは2度の離婚を経験していたり

かなり波乱万丈な人生です。

彼を知らない人からすると何度も逮捕されてるヤバい人という印象ですが

ファンにとっては

この型破りな生き方が魅力的で

女性の母性本能をくすぐるといった声が多いようです。

きっと、彼はよくも悪くも自分の気持ちに正直なのでしょうね。

そこが彼の人気に繋がっているんじゃないかと思います。

今の世の中じゃあ一回でも逮捕されたら

自粛騒ぎになって出演作がお蔵入りになったりしますが

彼の場合

「洗面所の大きな鏡に立って、自分を映してみた。マリファナが効いたイイ目をした自分の顔をじっと見つめていた。」
出典:『俺の人生どっかおかしい』より

とか言っていても芸能人であり続けられるのですから

色々と大らかな時代だったのでしょうね。

最後にそんな彼の若い頃に対する世間の声を少しご紹介して締めさせていただきます。

萩原健一の若い頃の人気

などなど

他にも多くの方が萩原健一さんの若い頃の人気ぶりを語っていました。

彼にはきっと

パッと見では理解できない不思議な魅力が備わっていたのでしょうね。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

一瀬 恵里佳

福岡県出身の1987年生まれ。 高校卒業後、 フリーター生活や海外留学を経て知人が経営する飲食店に就職。 現在は結婚し一児の母として奮闘中。

連絡先:johnhwsh@yahoo.co.jp

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう

 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。

 

Facebookページの「いいね!」ボタンを押すと、新着記事がすぐに確認できるようになります。