杉並区の殺人事件の犯人の逮捕が秒読み?最新の情報で驚きの事実発覚。

※最下部に追記あり。

杉並区で起きた殺人事件の犯人の逮捕が秒読みではないかと話題になっており

最新の情報によると様々な事実が明らかになってきました。

被害者の32歳の保育士の女性は、なぜ殺害されたのか?

犯行現場となった自宅アパートでいったい何が起きたのか?

犯人の動機とは。。。

色々と調べてみました。

杉並区の殺人事件の犯人の逮捕は秒読み?

杉並区の下井草3丁目にある2階建てアパートの一室で起きた

この凄惨な殺人事件ですが

最新の情報によると、

どうやら犯人は

屋根をつたってベランダに侵入した際に

一直線に被害者の部屋に狙いを定めて向かっていたようで

彼女が夜勤で留守にしていた夜の間に侵入し、

正午ごろの帰宅を室内で待ち伏せて犯行に及んだ可能性もあるそうです。

そして被害者の死因は

背中の左肩付近を自宅にあった包丁で刺されたことによる失血死で、

その直前には首を絞められた痕跡もあり、

彼女のスマートフォンは

室内で発見された時に懐中電灯のライト機能が付きっぱなしだったとのことです。

これらの点が明らかになる前に

私は以下の点が不可解だと思っていました。

・住宅街の中でなぜ屋根を登ってまで被害者の家を選んだのか?

・1Kの2階建てアパートを狙うより、他の家を狙ったほうが金品が置いてありそうなのになぜ?

・犯行時刻の正午ごろは人通りも多く屋根を登ると目立ってしまう

・怨恨目的ならなぜ凶器を持参せずに被害者宅にあった包丁を使ったのか?

・部屋の間取りを考えると玄関から逃げれたのに、なぜ逃げずに被害者をベランダまで追い詰め執拗に殺害しようとしたのか?

以上の点が

謎だなと思っていましたが

最初から彼女の殺害が目的で夜の内に侵入していたと考えてみると

凶器を事前に用意しなかったのも

包丁くらい家にあると考えるのが普通で探す時間もたっぷりありますし

むしろ足がつかないため逆に賢い選択です。

それにわざわざ昼間の犯行なのも

夜に被害者が寝静まった頃に部屋に侵入しようとするよりも

昼間の留守中の方が遥かに簡単ですし、他にも全ての辻褄が合います。

これらの情報をまとめて状況を想像してみると

あらかじめ犯行前日の夜の間に部屋に侵入していた犯人は

彼女が帰宅するのを隠れて待ち伏せし

首を絞めて殺害しようとするが抵抗され

やむを得ず台所にあった包丁を使い後ろから刺したと考えられます。

スマートフォンのライト機能が付きっぱなしだという理由については

完全な憶測になるのですが

以下のような部屋の間取りを考えると、

杉並区の殺人事件があった部屋の間取り

おそらく犯人は浴室に身を潜め

被害者がトイレに入る瞬間を待った上でブレーカーを落として

彼女がライト機能を使った瞬間に襲ったのではないでしょうか?

近隣住民の目撃証言によると

現場から逃げた不審な男性は身長160~165㎝と比較的小柄なので

凶器を持っていない状態で首を絞めようとすると

相手が座っている状態を狙うか、不意をついて襲うのが普通でしょうから

たぶんこのような状況だったのではないかと思うのですが

どうなのでしょう?

全て憶測ですのであくまで可能性の1つとして捉えてくださいね。

当初は窓ガラスを空き巣の手口で破っていたことから

単なる空き巣が逆上した犯行だと思われていましたが

今の時代、素人でもネットで調べれば空き巣の手口が簡単にわかってしまいます。

もし、これらの仮説が正しくて

怨恨が動機の犯行だとすれば

犯人が逮捕されるのは秒読みなのではないでしょうか?


杉並区の殺人事件の犯人の今後

杉並区で起きた殺人事件の犯人ですが

計画的だとしても

最初から凶器の刃物を使わずに

出血がなく比較的心理的ハードルが低い絞殺を最初に選んでいることからも

顔見知りの犯行の可能性は高いでしょうし

背中の左肩付近を刺したということは

左利きである可能性もあったりと

状況から様々なことが明らかになりつつあります。

しかし

そもそも、目撃情報自体が間違っており

本当は男ではなく女性が犯人だという可能性も捨てきれませんし

単純にただの見ず知らずの空き巣による犯行という線もありますので

今頃、警察はあらゆる可能性を考えて捜査をしていることと思います。

一日も早く逮捕されることを願います。

被害者のご冥福をお祈りいたします。

※追記:2019年3月30日。

30代の男性が犯人として逮捕されました。

名前は松岡佑輔(まつおか ゆうすけ)

31歳で被害者の同僚だとのことです。

こちらが詳しい追記記事です。

関連記事
犯行現場となった場所については以下の記事に詳しく記載しています。