松岡佑輔の動機は?杉並区下井草の殺人事件の犯人はストーカーで精神異常?

※本文中に追記あり。

杉並区下井草で32歳の女性保育士が殺害された殺人事件の犯人、

松岡佑輔の動機はどのようなものなのでしょう?

被害者は結婚を控えていたそうですし

二人は交際していた過去があったわけでもないとのことですから

一方的なストーカー行為の延長で殺害に至ったのでしょうか?

それとも精神異常なのでしょうか?

彼がなぜこのような凶行に及んだのか。。。

調べてみました。

松岡佑輔の動機

杉並区の下井草で起きたこの殺人事件ですが

犯人の松岡佑輔(31歳)は被害者の同僚でした。

こちらが連行される時の彼の顔画像です。

松岡佑輔の顔

現時点の情報では

彼は動機について明らかにしておらず

殺害容疑についても「私は刺していない」と否認しています。

ですが、これまでの捜査状況を整理してみると

事件前夜に犯行現場となった被害者の自宅アパートの周辺をうろつく姿が

防犯カメラに記録されており

事件発生直後にも彼と思われる男が立ち去っていく姿が映っていたそうです。

このことから、

おそらく被害者が夜勤で留守中の夜中に部屋に忍び込み

翌日の正午ごろに被害者が帰宅するまで

室内で待ち伏せていた可能性が高いと思われています。

そして、彼は被害者を襲い

最初は首を絞めようとするが抵抗され

最終的には台所にあった包丁で彼女の背中の左肩付近を刺して殺害したということが

残された現場の状況から推測されています。

そもそも彼の動機や目的は何だったのか

最初から殺害するつもりで

方法として絞殺を選ぶのなら

せめてロープかなにかヒモ状の物を用意して不意をつけば

そこまで抵抗されないと思うのですが

彼はそうしませんでした。

わざわざ自らの手で締めようとしたのは

彼の歪んだ性格が原因なのでしょうか。。。

松岡佑輔と被害者は6年前から同じ職場で働いていたというので

6年も一緒に働いていれば

年もほぼ同じですし普通ならそれなりに親密な関係を築けそうですが

こんな事になってしまったということは

彼はストーカーのような存在だったのでしょうか?

そもそも彼が疑われる原因になった理由の1つとして

職場の人からの怪しいという声です。

「あの人なら犯人でもおかしくない」

と思われるような言動を日頃からしていたのかもしれませんね。。。

ストーカー行為がエスカレートして

相手を殺害してしまう心理として

自分の所有物のままで終わらせたい」という心理があるそうです。

特にこの心理は既に結婚している男性が離婚を巡ってストーカー化してしまう時に陥りがちなようです。

松岡佑輔の場合

交際していた過去すらなく完全にひとり相撲ですが

勝手に好きになって勝手に恨んで

他の誰かと結婚するくらいなら。。。

という子どもじみた身勝手極まりない動機で犯行に及んだのかもしれません。

※追記:

その後の調べで

彼が日頃から被害者に好意をもっていると周囲に打ち明けていたことや

「部屋には入ったが 他の男がやった」などと供述しているらしいです。。。(追記終了)

しかしそれとは別に精神異常ではないのか?

という声もあります。

最後にその点に触れて記事を締めさていただきます。


松岡佑輔は精神異常?

杉並区の下井草の殺人事件の犯人

松岡佑輔の動機について今回調べてみましたが

ストーカー行為がエスカレートしたと考えるのが

おそらく大多数の人の意見でしょうが

その一方で、精神異常ではないか?という説も浮上しています。

理由として

・逮捕時の姿が堂々としてて気味が悪い

・自宅アパートの部屋は足の踏み場もないほど散らかっている

・騒音がうるさいと言い、近隣住民の部屋のインターホンを連打したり文句を言う日々が2018年12月から続いていた

・夜に彼の部屋からドタドタ歩き回る音や大きな話し声が近隣住民にまで聞こえていた

これらのことが明らかになっており

ちょっと普通ではありません。

殺人犯という時点で普通じゃないことは間違いないのですが

何らかの被害妄想や強迫観念が犯行の動機となった可能性もあります。

もし仮に精神異常だとしても

今回の犯行は事前に被害者の留守の時間帯を把握した上で

空き巣の手口を

ネットで調べて実行した計画的な犯行ですから

責任能力はあると判断し厳罰に処してほしいです。

被害者のご冥福をお祈りいたします。

関連記事

 

 

 

 

一瀬 恵里佳

福岡県出身の1987年生まれ。 高校卒業後、 フリーター生活や海外留学を経て知人が経営する飲食店に就職。 現在は結婚し一児の母として奮闘中。

連絡先:johnhwsh@yahoo.co.jp

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。