ka-yuが恐喝?集団訴訟にまで発展しジャンヌダルクは解散へ。。。

ビジュアル系バンド『ジャンヌダルク』のka-yu(カーユ)さんが恐喝で集団訴訟されているそうですが

いったい彼は何をしてしまったのでしょうか?

バンドグループも解散という結果になり

事務所も退社した彼は今後、ヘルズ・エンジェルスの活動を精力的に行っていくのでしょうか?

色々と調べてみました。

ka-yuの恐喝と集団訴訟とは

解散を発表した『ジャンヌダルク』ですが

ka-yuさんについて以下のように公式ホームページで説明しています。

昨年の9月、弁護士事務所から弊社にka-yu宛の内容証明郵便が送られてきました。

そこに記載されている事柄が、もしも全て事実であるなら、社会的正義から著しく反する行為であるゆえ、弊社としましては、事実関係が曖昧なままの状態で、ka-yuに関するプロジェクトを遂行していくことは差し控えるべきである、という判断をさせて頂きました。
出典:ジャンヌダルク公式HPより

「社会的正義から著しく反する行為」とはいったいどういうことなのか?

調べてみたところ

ka-yuさんは3人の女性から恐喝などで集団訴訟を起こされているようです。

集団訴訟を支援して被害者と弁護士の仲介するサービスを展開している

MatoMa』(マトマ)という会社のホームページに今回の訴訟内容が記載されていました。

訴訟を起こした3人の女性の証言によると

ka-yuさんは彼女たちにSNSのダイレクトメッセージで連絡をとり

直接会って親密な関係になったあと

お金を要求するようになったそうです。

その後、お金が払えなくなったと彼女たちが伝えたところ

プライベートな動画をバラ蒔くと脅したり

仲間が仕返しをすると言ったりと恐喝まがいのことをしてきたそうです。

その後、彼女たちは

仕方なく、彼に紹介された水商売の店で働くことになり

その売り上げを彼に手渡すようになったとのことです。

被害総額は281万円

2019年4月2日の時点で約3万4000人もの人々がこの集団訴訟を応援中と

『MatoMa』には掲載されています。

これがもし本当なら

女性側の迂闊な部分を抜きにしても

相当悪い人ですが、はたしてこの証言は本当なのでしょうか?

現時点では何とも言えませんが

事務所の発表では昨年2018年の9月に内容証明書が送られた後に

速やかに裁判に移行しており

想定よりも長引いていると説明しています。

このような集団訴訟は

通常の裁判よりも期間が長引くことが多く

3年~5年以上になるケースが大半みたいですよ。

一時期世間を騒がせた「茶のしずく石鹸」のアレルギー問題による裁判は

2011年に弁護団が立ち上がりましたが

2019年の現在もまだ全ての裁判は終了していないそうです。

今回のka-yuさんに対する集団訴訟も

こんな風に何年も長引いたら、他のメンバーにも被害があるでしょうし

事務所としても解散するしかなかったのでしょうね。。。

それにしても

芸能人なのに素人の女性からお金を巻き上げるって

よっぽどお金に困っていたのでしょうか?

しかも3人で被害総額281万円ですから

知名度があってファンも多い彼ならもっと違うやり方で

そのくらいの金額なら稼げそうですが

どうなのでしょう?

ちなみにこの集団訴訟を扱っている

『MatoMa』という会社の設立年月日を見たところ

2018年9月19日ですから

事務所に内容証明書が送られてきた時期と一致するので

今回の集団訴訟がこの会社の初仕事なのかもしれませんね。

ka-yuさんと言えば

ファンの間では昔はちょっとヤンチャなタイプだったと有名みたいですし

タトゥーもびっしり入っていて

ヘルズ・エンジェルスというバイク乗りのチームにも入っているのでは?という噂もあります。

ジャンヌダルクを抜けた後は

今後はそのバイク乗りのチームで活動していくのでは?とも言われているので

その点について後半は書いていこうと思います。

もう少しだけ記事は続きますのでお付き合いください。


ka-yuは今後ヘルズ・エンジェルスで活動?

恐喝で集団訴訟をおこされている

ka-yuさんですが

今後はヘルズ・エンジェルスの活動をしていくのではないか?と噂されています。

このヘルズ・エンジェルスとは

地獄の天使」という名前からしてヤバそうな感じの通り

アメリカで誕生した国際的なバイク乗りのギャングチームです。

現在ではギャングのような犯罪はしておらず

単なるオートバイ・クラブだと組織自ら公言しているようです

日本にも支社があって色んなバイクイベントを開催しているみたいですね。

そのイベントの紹介を

ka-yuさんがインスタグラムで度々告知しているのに加えて

事務所の以下のような発表もファンの人達をざわつかせています。

ka-yuの、Janne Da Arcは大切だし、比較するものではないかもしれないが、どちらかを選べと言われればJanne Da Arcよりも大事にしたいものが見つかったため、Janne Da Arcを脱退し事務所を辞めます、という最終的な決断により、メンバーとも相談の上、彼の意思を尊重する形で今回のような結論とご報告に至りました。
出典:ジャンヌダルク公式HPより

ここに記載されている

『ジャンヌダルク』よりも大事にしたいものというのが

ヘルズ・エンジェルスではないか?と話題になっています。

有名人ですから今後はヘルズ・エンジェルスの広報や運営側として

やっていくのかもしれませんが

どっちにしても

今回の恐喝の集団訴訟が解決しない限りは

イメージダウンするから

とりあえず身の潔白が証明されるまでは関わらないでくれと

思いそうですが、どうなのでしょう?

彼がもし無実だとしても

今後色々と大変そうですね。。。

また何か進展がありましたら追記いたします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。