大阪の平野で3歳男児を姉が殺害。家族や両親は?

この記事は約 4 分で読むことができます。

※最下部に追記あり。

大阪の平野で3歳男児が知的障害を持つ姉により殺害されました。

犯人であるこの姉は23歳で長女だとのことです。

両親や他の家族は事件があった時、何をしていたのでしょう

調べてみました。

大阪の平野で3歳男児を殺害した知的障害の姉とその両親や家族

大阪の平野で起きたこの痛ましい殺人事件の犯人は

8人家族の長女で知的障害を持っており

弟である三男の3歳男児の腹部を足で踏み続け殺害しました。

被害者の3歳男児の死因は内臓のダメージによる失血死と判明しましたが

他にも左腕や左足にやけどの跡も残されていたそうです。

なぜこんなことが起きたのか?

他の家族や両親は何をしていたのでしょうか?

この事件は当初、姉が逮捕される3日前の4月2日に事故として報道されており

その時点ではまだ、警察が捜査中で

殺人と断定はしていませんでした。

その時の報道によると

母親の年齢は41歳で

息子が急にしんどくなって、お腹が痛いと言っている」と119番したようです。

41歳で長女が24歳ということは

16、17歳くらいの時に出産したようですね。

そして現在は自宅に8人で暮らしているみたいです。

逮捕された長女は

普段から弟の面倒を見させられ嫌気がさした」と供述しているとのことですから

本当に酷い話です。。。

この家族が住んでいる自宅の場所ですが

住所は大阪市平野区加美鞍作(かみくらつくり)の2丁目で

JR加美駅から南に約400メートルの住宅街にある民家に住んでいるとのことです。

Googleマップのストリートビューで見た感じでは

のどかな住宅街という印象です。

一つ屋根の下に8人も住んでいるなら

近所でも目立つ存在でしょうね。

家族構成が現時点では報道されていないため

子沢山なのかそれとも8人の内の二人は祖父母で子どもは4人なのか不明ですが

知的障害がある長女に3歳の子供の世話を押し付けていた背景を考えると

起きるべくして起きた事件と言えそうです。。。

最近では大家族のことをバラエティー番組で扱ったりしますし

この母親は、そのいい面だけを見て

大家族に憧れていたのでしょうか?

大家族に憧れる人は子供が好きという人が多いみたいですが

今回の事件のことを考えると

この両親はそんなタイプでもなさそうですから

ただ単に

計画性のない妊娠と出産を繰り返してきただけなのかもしれません。。。

もし私の第一子が知的障害をもって生まれてきたのなら

色々と手がかかることを考えて

たとえ大家族が夢であっても兄弟はつくっても1人くらいまでに抑えると思うのですが

この母親はどんな考えで少なくとも4人も子供をつくったのでしょう?

色んな考え方があると思いますが

今回みたいな事件がおきてしまい本当に残念です。

逮捕された長女は今後どうなるのでしょう?

大阪の平野で3歳男児を殺害した姉の今後

大阪の平野の自宅で3歳男児の弟を殺害したとして逮捕された

23歳の姉ですが

彼女は今後どうなるのでしょう?

死ぬとは思わなかった」と供述しているため殺意はなかったのかもしれませんが

危害を加える意思は明確にあり

「世話を見させられるのが嫌だった」という明確な動機もあるので

知的障害に関係なく罰せられるのではないでしょうか?

そもそも、こうなることを

母親や他の家族はわかっていた可能性もあります。

腕にあったやけどの跡も気になりますし

最初に119番通報を母親がかけたのが4月2日のお昼の12時10分ごろとのことで

姉が危害を加えていたのはその約1時間前の午前11時20分ごろです。

亡くなった3歳男児はきっと激しく泣いていたでしょうから

一緒の家にいて母親が気づかないのもおかしい話です。。。

そう考えると

本当に長女が犯人なのかも疑わしくなってきます。。。

また何か情報が入り次第追記したいと思います。

※追記

子供の数は6人でした。。

一瀬 恵里佳

福岡県出身の1987年生まれ。 高校卒業後、 フリーター生活や海外留学を経て知人が経営する飲食店に就職。 現在は結婚し一児の母として奮闘中。

連絡先:johnhwsh@yahoo.co.jp

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう

 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。

 

Facebookページの「いいね!」ボタンを押すと、新着記事がすぐに確認できるようになります。