安田顕の嫁は?「ともよ」や乳がんはデマで素敵な奥さんだった!

この記事は約 5 分で読むことができます。

北海道出身の大スターで

今や全国区で大人気の俳優、安田顕さんですが

彼の嫁はどんな人物なのでしょう

ネットで調べると「ともよ」という女性の名前や

乳がんという言葉も出てきますが

なぜこのような言葉が出てきたのでしょう?

色々と調べてみました。

安田顕の嫁と、「ともよ」や乳がんの関係

安田顕さんの嫁ですが

学生時代から8年の交際期間を経て結婚した一般人の女性です。

結論から言うと

一般人なので顔写真はおろか名前も公表されていません

ですが目撃情報などは結構あるみたいで

どうやら相当の美人さんらしいですよ。

そんな彼女ですが

結構ハッキリものを言う性格みたいですよ。

2019年2月22日に公開された映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の

PRコメントで安田顕さんが

「この映画を観た後にあったかい気持ちになって前向きになれる自分がいました」

と発言した時には

「あなたのPRコメントちょっと弱い」と彼にダメ出しをしたそうです。

結構シビアなお言葉ですよね(笑)

そんな厳しい一面もあるみたいですが

彼が2016年に『クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』の

声優の仕事をした時には

当時12歳の娘と一緒に凄く喜んでいたそうですよ。

他にも

こちらの画像の文字も最後の3行以外は嫁である彼女が書いたそうです。

安田顕の嫁が書いた文字

凄く達筆で頭が良さそうな感じが伝わってきます。

安田顕さんが通っていた北海学園大学の偏差値はあまり高くなく

普通の大学なのですが

彼女はもしかしたらもっと偏差値が高い大学の出身なのかもしれませんね。

娘さんも芦田愛菜さんと同じ慶應の中学に入学したので

母娘そろって勉強が出来そうです。

それに優しい一面も持っており

安田顕さんが時々他人が聞き取れないような意味不明な言葉を発した時にも

広い心でその言葉を受け入れていたようです。

結局、結婚してから8年ぐらい経った時

「ごめん、どうしても言いたいことがあるんだけど、正直何言ってるか分かんない」

とカミングアウトしたようですが

8年も黙っていたのに驚きです。

俳優にとって滑舌が悪いと言われるのはキツイことでしょうから

言ったら傷つけるかもしれないと思って気遣っていたのかもしれませんね。

そんな彼女が

安田顕さんは大好きなようで

老後にやってみたいことをインタビューされた時には

1番に

嫁と一緒に世界一周旅行をしたいと言ったり

バラエティー番組で

家電量販店で電子レンジ探しをした時にも

彼女が喜ぶという理由で電子レンジを購入していました。

彼のインスタやTwitterなどを見てみると

家族に関するプライベートの情報は一切ないのですが

それも彼なりに家族を普通の一般人として生活させたいという気遣いがあるのでしょうね。

では

なぜネット上で「ともよ」という名前が広まったのでしょうか?

どうやらこれは

安田知代(やすだ ともよ)さんという

北海道出身の会社経営者の女性のことを言っているようです。

安田という苗字で

彼女も同じく北海道出身ですから勘違いしたのかもしれませんね。

ですが

安田顕さんが1973年生まれで現在45歳(2019年4月時点)に対し

安田知代さんは1964年生まれで10歳も違いますし

経歴を見る限り、北海学園大学に通っていた彼との接点は何もないので

完全な他人だと思います。

乳がんについても

ハッキリとした情報はなにもなかったので

おそらく俳優として活躍する彼の役どころで

乳がん患者の夫を演じたのがキッカケなのかもしれませんね。

最後になりますが

この素敵な夫婦がどんな風に思われているのか

ネット上の声を少しご紹介して記事を締めたいと思います。

安田顕と嫁の評判

などなど

安田顕さんの嫁は多くの人から羨ましがられる存在でした。

それもこれも

彼が俳優として売れていなかった若い頃から

今までずっと支えてきた彼女だからこそ

安田顕さんも愛妻家でいれられるのかもしれませんね。

素敵な夫婦愛が今後も続いてほしいです。

余談ですが

嫁なのか?と勘違いされた、ともよさんは

東京のスギやヒノキの木を使った木製品ブランド「SMALL WOOD TOKYO」を経営しているので

木製品に興味がある人は検索して調べてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

一瀬 恵里佳

福岡県出身の1987年生まれ。 高校卒業後、 フリーター生活や海外留学を経て知人が経営する飲食店に就職。 現在は結婚し一児の母として奮闘中。

連絡先:johnhwsh@yahoo.co.jp

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう

 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。

 

Facebookページの「いいね!」ボタンを押すと、新着記事がすぐに確認できるようになります。