wowakaの死因の真相は?なぜ彼は31歳という若さで亡くなったのか?

ロックバンド『ヒトリエ』のwowaka(ヲワカ)さんが31歳という若さでこの世を去りました。

彼の死因の真相はどのようなものなのでしょう?

報道では急性心不全と発表されていますが

いったい彼の身に何が起きたのでしょうか?

色々と調べてみました。

wowakaの死因の真相

wowakaさんは

ボーカロイド作曲家として音楽業界でも高い評価を受け

多くのファンを持つ、一流のミュージシャンです。

そんな彼がなぜ31歳という若さで亡くなってしまったのでしょうか

死因の真相について

調べてみると様々なことが明らかになりました。

まず公表されている

急性心不全とは何か?

これは実は病名ではなく、心臓の働きになんらかの障害がある状態のことを指しています。

なので極端な話

心臓が何かのキッカケで止まってしまえば

それはもう急性心不全に当てはまるそうです。

なので

よく自殺など公表しづらいことが要因で死亡した時の死因として使われることもあります。

wowakaさんが自殺したと言っているわけではないので

誤解しないでくださいね。

この急性心不全の原因は

様々なものがあると言われており

国立循環器病研究センター、循環器病情報サービスによると

以下のようなケースが多いそうです。

急性心不全は原因が明らかでない場合もありますが、多くは風邪、過労、ストレス、お薬の中断、高血圧の放置、貧血の出現などが引き金になります
出典:国立循環器病研究センター、循環器病情報サービスより

彼は現在ツアーの真っ最中で6月までライブの予定が詰まっていましたから

憶測に過ぎませんが

もしかしたら過労やストレスなどが引き金となったのかもしれません。

彼のように、ついさっきまで健康そうに見えた人が急に突然死することを

心臓突然死とも言うそうです。

日本不整脈心電学会は

この心臓突然死による犠牲者について以下のように説明しています。

我が国では年間約10万人の突然死があり、このうち約6万人が心臓の異常が原因となる心臓突然死です。実に1日約160人もの人が心臓突然死している計算になります。
出典:日本不整脈心電学会より

この心臓突然死は

若い人にも多いらしく世界でも数多く発症しているとのことです。

過去のケースでは

2012年の6月に

イギリスに住む16歳の少女アレクサンドラは

ある朝、家族が彼女を起こしに行くと既にベッドの中で亡くなっていたそうです。

亡くなる前日の彼女の様子はいたって普通で

二日前には

ロンドンオリンピックのイベントで元気に踊っていたりと

全く死の兆候がなかったにも関わらず

突然死してしまったそうです。

検死の結果、致死性の不整脈が起こったと考えられたようで

最近の彼女は

医者になりたいという夢を叶えるために

連日勉強に明け暮れる日々が続き疲れていたり

運悪く風邪をひいてしまったりと

何かとストレスが多い日々を過ごしていたようです。

なので

もしかしたらwowakaさんも

このアレクサンドラと同じような状況だったのかもしれませんね。。。

最後に彼の死を悼むネット上の声をご紹介して締めさせていただきます。


wowakaの死去を悼む声

wowakaさんの死因の真相である病名は公表されていませんが

突然死は若い人でも十分にあり得るということが

今回調べてわかりました。

本当に残念です。。。

ネット上でも多くの人達が悲しんでいます。

他にも多くの人達がwowakaさんの突然の訃報を悲しんでいると共に

彼に対する感謝の言葉をツイートしています。

本当に色んな人に愛されていたんですね。。。

いままで本当にありがとうございました。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。