悠仁さま刃物事件の犯人の動機は?2本の包丁が意味するものは。。。

※記事最下部に追記あり。

悠仁さまの机に包丁のような刃物を2本置いた

この刃物事件の犯人はなぜこのような事をしたのでしょう

動機はどのようなものなのでしょう?

工事業者を装い

お茶の水女子大付属中学校にした犯人は

なぜわざわざ刃物を2本も用意して不気味な行動をとったのか?

色々と調べてみました。

悠仁さま刃物事件の犯人の動機

悠仁さまが被害を受けた今回の刃物事件の犯人の動機は

どのようなものなのでしょう?

この犯人について

現時点は以下のように報道されています。

・犯行時刻は4月26日(金)の悠仁さま達が屋外授業をしていた正午ごろ

・教室は無人だった

ヘルメットを被り、上下青っぽい作業服を着た中年の男

・訪問者用の受付を通っていない

そして犯行現場の状況は以下のように報道されています。

棒状のものにテープで巻き付けられた果物ナイフのような刃物が悠仁さまの机の上に置かれていた。刃物は2本巻き付けられ、悠仁さまの机と隣の机にまたがるように置かれていた。文字などは書かれていなかった。机は一見しただけでは悠仁さまの席とは分からないという。
出典:朝日新聞デジタルより

この刃物ですが

別の報道によると刃の部分がピンク色に塗られていたそうですから

なんだか狂気を感じます。。。

このように、かなり謎が多い事件となっています。

お茶の水女子大付属中学校の関係者によると

悠仁さまの机を把握している人は少ないみたいですし

一瞬の隙をついた犯行ということもあり

ネット上では悠仁さまと何らかの関わりがある身近な人物を疑うことも多く見受けられます。

中には

これは「もっと警備を厳重にしないとダメだよ」という

警告ではないか?とも推理されたり

政治的?な主張ではないかとも言われたりと

様々な意見があるようです。

何が本当の動機なのか

わからない点もこの事件の不気味さを増幅しています。。。

幸いにも事件の翌日から世間はゴールデンウイークに突入して

学校は休みなので

その間に、お茶の水女子大付属中学校は

防犯カメラを増やして、警備員に常時見張らせたりするなど

防犯上の対策を色々ととれるので

今後、部外者を敷地内に入れることは防げると思いますが

犯人の動機がわからない以上、犯行がこれだけで終わったとも言い切れません。。。

一番良いのは

防犯カメラの映像がキッカケで犯人がスピード逮捕されたら一番良いですが

計画的犯行だと思うので

そんなに簡単な事件ではないと思います。

この刃物事件はどのような結末を迎えるのでしょう?

最後にネット上の声をご紹介して締めさせていただきます。


悠仁さま刃物事件の犯人に対するネットの声

悠仁さまが被害を受けた

今回の刃物事件についてネット上では以下のような声で溢れています。

などなど

お茶の水女子大付属中学校に対する防犯意識の低さを疑問視する声や

犯人は関係者じゃないか?という声など

様々な意見で溢れています。

このままでは悠仁さま、ご本人は勿論の事

他の生徒も安心して学校に通うことが出来ないでしょうから

一日も早く犯人が逮捕され、二度とこのような事件が起きないでほしいです。

また新たな情報が入り次第追記します。

※追記:

その後の報道で机に置かれていたのは果物ナイフということが判明し、

監視カメラの映像などを辿り

56歳の長谷川薫という男性が逮捕されました。

動機については未だ黙秘しているそうです。(追記終了)

再追記:

動機について「天皇制や皇位継承のあり方に不満」という趣旨の供述をしているとのことです。(追記終了)

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。