リア・ディゾンの旦那と離婚の理由や現在は?娘の父親のBUNってどんな人?

みなさんは

リア・ディゾンさんを覚えていますか?

今回は彼女が離婚した理由や

当時の旦那でスタイリストのBUN(ブン)さんとは何者なのか?

また、彼女は現在なにをしているのか?

一時期は「グラビア界の黒船」とも呼ばれ、多くの男性を虜にした

彼女について色々と調べてみました。

スポンサーリンク

リア・ディゾンの旦那と離婚の理由や現在

リア・ディゾンの現在の姿

リア・ディゾンの現在の姿(2019年3月18日)

リア・ディゾンさんの旦那ですが

彼女より5歳年上でスタイリストとして活躍するBUNさんです。

お二人の結婚生活は2008年~2010年の2年間だけで終わってしまいましたが

離婚の理由はどのようなものだったのでしょうか?

当時の週刊誌の報道を調べてみると

どうやら、生まれてきたばかりの娘の美蘭ちゃんの育児で

彼女が疲れ果ててしまい

BUNさんが専業主婦のような状況になり、すれ違いが生じたとも言われています。

所詮この憶測は、匿名の芸能関係者からの情報提供ですから

信憑性はありませんが

リア・ディゾンさん側は離婚の理由について

具体的にコメントしていない一方で

旦那のBUNさんは週刊誌の女性自身の取材に以下のように答えています。

夫・BUN氏の心境は――。報道直後、彼は本誌取材に戸惑いながらも「離婚協議を進めていることは間違いないです」と語った。

原因については「いちばんは、価値観が違ったことです」とするBUN氏。親権については「日本の法律では難しいみたいで……。たぶん、向こうにいくと思います」と語っていた。

「娘さんには会えていますか?」という問いに対しては「それが、まったく会えていないんです……。寂しいですね」と本音を漏らしていた。
出典:『女性自身』より

意見が片方だけしか報道されていないので

離婚理由の真相はわかりませんが

娘の美蘭ちゃんの親権はリア・ディゾンさんにあるようですね。

2019年の3月11日には

彼女はブログで娘とのツーショット写真を載せて

世界で一番のお気に入り写真だとコメントしたりしています。

これだけ見ると

ごく普通の親子って感じですがどうなんでしょう?

彼女自身は

現在、32歳にして大学に通いながら芸能面でもアメリカで活動しているみたいで

娘のためにも色々と頑張っているみたいですね。

一方で別れた旦那のBUNさんは

大阪文化服装学院のスタイリスト学科の講師として

現在もバリバリ活躍中とのことです。

ちなみにこのBUNさんですが

本名についてネットで調べてみると

三好文博さんと島本慎一さんという二人の名前が挙がりました

いったいどちらがBUNさんなのか?

結論から言うと

島本慎一さんは結婚時の年齢が違うことから

全くのデマだとわかりました。

確かに少し顔が似ていますからそこからこんなデマが広まったのかもしれませんね。

もう一人の

三好文博さんですが

こちらは個人を特定できるような情報が一切出てきませんでした。

過去に歌手のBOAさんと熱愛が発覚したのが

スタイリストのMさんだと報じられており

このMさん=BUNさん=三好文博さんではないか?と言われているようです。

いずれにしても

確信は出来ないのでBUNさんの本名は

ネットだけでは特定出来なさそうです。。。

こちらが彼の顔の画像です。

リア・ディゾンの旦那BUNの顔

見てわかるようにかなりのイケメンです。

別の画像では

両腕の肘から少し上の辺りから

びっしりタトゥーが入ってて結構ヤンチャしてそうなイメージでした。

彼とリア・ディゾンさんの馴れ初めは

スタイリストとしての仕事がキッカケでしたが

こういうパターンって結構多いみたいですよ。

過去の例では

女優の深津絵里さんと熱愛が発覚した人や

神戸蘭子さんの旦那さんや

長谷川京子さんの元カレ、山本梓さんの元カレ

他にも色々な方がスタイリストの男性と交際にまで発展しているようです。

どこの業界も同じですが

中には遊び人のような人もいるらしいので

結婚するとなれば慎重になったほうがいいのかもしれませんね。

話がちょっと脱線してしてしまいましたが

最後にリア・ディゾンさんの今後の活動について

少し書いてこの記事を締めさせていただきます。


リア・ディゾンの今後

旦那のBUNさんと離婚してしまい

シングルマザーとなったリア・ディゾンさんですが

今後彼女はどうなるのでしょう?

離婚の理由として

育児に関する事など週刊誌にウワサされていましたが

現在はラスベガスで親子一緒に仲良く生活しているみたいなので

きっと大丈夫だと思います。

インスタグラムやブログなども不定期ながら更新しているので

もしかしたら日本でも

今後活躍してくれるかもしれませんね。

今後に注目したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。