篠原ともえの旦那の池澤樹とは?博報堂のアートディレクターで凄い人だった!

90年代にシノラーの愛称で大ブレイクした

篠原ともえさんが結婚したというニュースが入ってきました。

旦那の池澤樹(いけざわ たつき)さんとは、どんな人物なのでしょうか?

博報堂でアートディレクターとして活躍しながら

数々の名誉ある賞を受賞するなど

かなりの実力者ということが判明しました。

今回はそんな彼について色々と調べてみました。

篠原ともえの旦那の池澤樹

篠原ともえさんの旦那の池澤樹さんは

1981年の6月5日生まれの37歳の男性です。(2019年5月時点)

こちらが彼の顔の画像です。

池澤樹の顔

池澤樹

篠原ともえさんが1979年の3月29日生まれなので

3歳の年の差があるようですね。

池澤樹さんは

『機動戦士ガンダム』のモビルスーツのデザインを担当した大河原邦男さんの母校でもある

東京都立町田高等学校に進学し

2004年には武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科を卒業しています。

その後、広告代理店の東急エージェンシーを経て

現在の博報堂に入社し今も第一線で活躍し続けています。

デザインや広告の名誉ある賞を色々と受賞しており

カンヌ国際広告祭でも金賞をとるなど、アートディレクターとして一流の腕を持つ人物です

昨年2018年の9月に開催された

TOMOE SHINOHARA emotion in motion 篠原ともえ 150の原画展』で

彼が監修を務めたことがキッカケで

二人は知り合い、お互いに惹かれていったみたいですね。

こちらが彼が自身のインスタグラムで投稿した、その時の作品の1つです。

 

View this post on Instagram

 

Tatsuki Ikezawaさん(@tatsukiikezawa)がシェアした投稿

 

篠原ともえさんは

このイベントが行われる前の2018年1月に放送されたバラエティー番組で

結婚願望があって年齢的に少し焦っているような事を言っていましたから

出会った時から結婚相手の候補として意識していたのかもしれませんね。

彼女は

そのバラエティー番組で理想の結婚相手について

ちゃんと怒ってくれる人。制御かけてくれる人」と言っていましたので

池澤樹さんも

そういう素敵な人なのかもしれませんね。

彼がどんな性格の人物なのか?

プライベートなどを知りたくてSNSを探してみた結果、

Twitterは使用していないみたいで、インスタグラムとFacebookが見つかりました。

ですが、どちらもほとんどが仕事の事ばかりで

プライベートな部分はわかりませんでしたが

コメント欄での友人たちとのメッセージを見る限りでは

気さくで、感じの良さそうな人でした

ドイツやアルゼンチンやLAなど

海外での撮影の仕事もしているらしく

かなりアクティブな印象です。

外見も爽やかで、金銭的にも豊かで業界内の地位も確立しているので

性格に難がない限り、

女性にモテないはずがないと思いますが

37歳になるまで結婚しなかったのは、ずっと仕事に夢中だったからなのかもしれませんね。



篠原ともえと旦那の池澤樹の今後

今回、篠原ともえさんの旦那の池澤樹さんに調べてみたところ

かなりの売れっ子アートディレクターということが判明しました。

実は篠原ともえさんも

最近はデザイナーとして松任谷由実さんや嵐のコンサートツアーの衣装デザインを手掛けたり

アートの業界で活動しているみたいですよ。

夫婦そろって同じ業界なら

仕事面での理解もありますし、喜びや苦悩も分かち合えるでしょうから

まさにピッタリの結婚相手なのかもしれませんね。

幸せな結婚生活が末永く続くよう応援しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。