弥谷麻衣子の性格は?弥谷鷹仁との夫婦関係や強迫性障害とは。。。

2018年3月に夫である弥谷鷹仁に殺害された弥谷麻衣子さんですが、彼女の性格や夫婦関係はどのようなものだったのでしょう?

裁判が始まり、彼女の強迫性障害などが明らかになってきましたが、なぜ彼女はこのような病気を患ってしまったのでしょうか?

色々と調べてみました。

弥谷麻衣子の性格と弥谷鷹仁との夫婦関係

 

※これから書くことは、弥谷鷹仁と弁護人が裁判で述べたものですから100%真実ではなく、多少話を大袈裟にしているかもしれませんが、検察側や弥谷麻衣子さんの両親もある程度は認めています

 

弥谷鷹仁と妻の弥谷麻衣子さんの夫婦関係ですが

二人は結婚する前から喧嘩をすることもあり、その時の様子を弥谷鷹仁は以下のように裁判で語っています。

 

結婚前から喧嘩はありましたか?

ありました 妻から始まっていました。顔面を殴られたり、髪を引っ張りまわされたり

回数は?

数百回はありました

 

よくそんな状況で結婚したな・・・と驚きですが、もしこれが本当なら弥谷麻衣子はかなり気が強い性格なのでしょうね。。。

 

弥谷麻衣子さんは過去に自身のfacebookで「旦那からお誕生日プレゼントもらった☆思ってたより出来るなと思った(・∀・)」と投稿していますから、この夫婦の上下関係がなんとなくわかります。

 

他にも「合コンしたいことは確かだす(・∀・)」「うむ、、、名古屋のイケメン紹介して(´・ω・`)」「金がなければ、心狭クナリマス。でも騙されたと思って愛を信ジマス(・∀・)」と冗談半分で言っていますが、いくら冗談とはいえ夫に対して不満があったのかもしれません。。。

 

そんな彼女ですが、その後、強迫性障害の潔癖症を発症し暴力はエスカレートし、その矛先は娘にまで及んだと弥谷鷹仁は語っています。

離乳食を食べないと 大きな声で怒鳴って 娘をベッドに投げつけたりしていました。ほぼ毎日長女を怒鳴っていた

 

それに加え家庭内では潔癖すぎるルールも存在していたそうです。

ゴミ箱ドアノブトイレを触る時は使い捨てのビニール手袋を使うことを強要され、100枚入りの手袋の箱を1週間に3箱ほど使う生活が続いたそうです。他にも常にマスクを付けさせられたり、汚い手で食器棚を触ってしまった時にはたとえ出勤前であっても30分ほど消毒させられたり、外出時は割りばし(帰宅時 電気のスイッチを押すため)、着替え、3人分のバスタオル(帰宅してすぐシャワーに入るため)を持って出なければいけなかったりと、かなり厳しいルールがあったようです。

事件当日も夫婦喧嘩をしており、汚れたシャツを綺麗な場所においてしまい3時間も怒鳴られた。土下座しても許してくれなかったそうです。

 

もしこれが本当ならかなり重度な強迫性障害ですよね・・・

 

これに加えて、弥谷麻衣子さんは毎日のように夫の会社に電話して「娘が寝ない」「娘がごはんを食べない」「娘の面倒を見るのが嫌だ、今すぐ帰ってこないとどうなるかわからない」などと言っていたらしく、彼が家に帰ると家がめちゃくちゃになっていたこともあったそうです。

離婚しようとしても、娘との心中をほのめかされたりして弥谷鷹仁は、殺害するしか道はないと思い込んで犯行に及んだとのことです。

 

これらの話が全て真実だと断定するにはまだ早いですが、弥谷麻衣子さんは強迫性障害に加えて育児ノイローゼで性格が豹変してしまったのかもしれません。。。

 

強迫障害は以下のような病気です。

強い「不安」や「こだわり」によって日常に支障が出る病気
出典:厚生労働省HPより

強迫性障害は不安障害の一種です。たとえば「手が細菌で汚染された」という強い不安にかきたてられて何時間も手を洗い続けたり、肌荒れするほどアルコール消毒をくりかえすなど、明らかに「やりすぎ」な行為をともないます。
出典:厚生労働省HPより

原因は詳しくはまだ明らかになっていないそうですが、出産や育児などがストレスになって悪化する人もいるそうです。



弥谷麻衣子の両親

 

弥谷麻衣子さんの両親は今どんな気持ちなのでしょうか?

彼女は殺害された被害者であるにもかかわらず、弥谷鷹仁と娘が受けていた仕打ちが裁判で公表されたため世間では彼女にも問題があったと考える人が少なくありません。

 

それに「なぜ弥谷麻衣子さんの両親は精神状態が普通じゃない娘をフォローしなかったのか?」という声もあります。

 

だからといって殺人犯である弥谷鷹仁が許されるわけでもなく、彼が悪いのは紛れもない事実だと私は思います。

でも、もし自分が彼の立場だったらと思うとゾッとします。。。

弥谷麻衣子さんも病気のせいで性格が極端に変わってしまっただけと思うと可哀想でもあります・・・

ご冥福をお祈りいたします。

追記:

裁判で弥谷鷹仁に懲役17年、共犯の母親の弥谷恵美に懲役6年が求刑されました。判決がわかり次第また追記します。

追記:

裁判の結果、弥谷鷹仁に懲役15年、母親の弥谷恵美に懲役7年の判決が下されました。

 

 

 

 

  • コメント ( 1 )

  1. 小原恒一

    まず驚くのは、弥谷鷹仁被告も、よくそんな女と結婚したよね?
    結婚前から、数百回殴られてたなんて。

    基本、マゾヒストなのかしらん。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。