熊沢英昭の息子 熊沢英一郎とは?44歳のひきこもりネトゲ依存の息子を父親が殺害。

 元農水省事務次官の熊沢英昭(76歳)が息子の熊沢英一郎(44歳)を殺害し逮捕されました。

 なぜ彼は実の息子を手にかけたのでしょうか?

 調べてみると、どうやら息子の熊沢英一郎にも問題があったことが明らかになりました。

 いったいこの親子に何があったのか。。。

 事件の背景など色々と調べてみました。

熊沢英昭の息子の熊沢英一郎

 

 熊沢英昭は東大卒のエリート官僚として、農水省の事務次官を務めたほどの有能な人物ですが、そんな彼がなぜ実の息子を殺害してしまったのでしょう?

 現時点はハッキリとして動機は語られていませんが、殺害された息子の熊沢英一郎は44歳にもなって、自宅からほとんど出ないでオンラインゲームのドラクエ10に夢中で色々と問題のある人物だったようです

 ゲーム内で揉めた際には、自分の父親の名前を出してこんなことも言っています。

 

 「んじゃ、教えてあげよう。熊澤英一郎と申しましてBSE問題で話題になった熊澤英昭元事務次官の愚息であります。熊澤英昭で検索して下さい。5年間リアフレ以外ずっと隠してたのにねぇ。。。

 

 「もし、私が父親を通じて、役所を動かしたらドラクエ10で嫌がらせがあると役所が判断したらドラクエ10のサービスを強制終了される可能性もあります。

 

 他にも、ゲーム内の女性ユーザーに友達申請する際に、このような声かけもしていたようです。

 「あの本名、熊澤英一郎と申しまして元事務次官の愚息であります。凄い人でしょ?w 国家レベルの人なんですw

 

 お金持ちをアピールする一面もあります。

 「ここを見ている2ちゃんのニートちゃん達へ 2018年5月 支払い予定分のご利用明細合計 323,729円 これが今月の私のクレカの支払額だ。 君達の両親が必死で働いて稼ぐ給料より多いんだよw

 

 無職でひきこもり生活を送っていた彼にとって、唯一の自慢が父親だったのでしょうか・・・

 

 本人曰く、彼はアスペルガー症候群で、18歳で統合失調症を患ったとも言っていますが本当なのでしょうか?

 アスペルガー症候群は、知的レベルや言語の発達には問題ないものの、社会性やコミュニケーション能力の問題や興味や活動の偏りなどの特徴があります。

 これらの特徴を考えると、今までの彼の言動も納得いくような気もしてきます。

 

 彼は他にも自身のTwitterアカウントで、こんな発言もしています。

 息子の希望通りに父親の熊沢英昭は、自分が年老いて面倒が見れなくなる前に責任を持って、彼の人生を終わらせたのでしょうか。。。

 

 その一方で、警察の発表によると、父親の熊沢英昭は息子の胸など数か所を包丁で刺して殺害したそうですから、犯行は衝動に駆られたものだったのかもしれません。

 息子の将来を悲観して、心を鬼にして殺害するなら、普通は包丁で刺すなんてこと絶対しないと思います。

 同居して面倒を見ているのですから、食事に何か混ぜることだって出来ますし、苦しませない方法もあったのでしょうが彼はそれを選びませんでした

 それに息子のこれまでの発言からも親が甘やかしていたことは明白です。

 そう考えると、この親にして、この子あり。という感じなのかもしれませんね。。。



熊沢英昭と息子の熊沢英一郎についてのネットの声

 

 などなど、ネット上では彼に対して同情する声も少なくありません。

 殺害された息子は確かに、問題のある人物として有名でしたが、そんな風に育てたのは他でもない熊沢英昭ということを忘れてはならないと思います。

 小学生含む20人の死傷者を出した川崎殺傷事件の犯人が51歳のひきこもり男性だったことや、その数日後に福岡で40代のひきこもり男性が家族を刺したりと、ここ最近まるで連鎖するように中年のひきこもり男性を中心に事件が起きています。

 ダメな親が教育に失敗してしまったツケが、無関係の人を巻き込みながら膨み 破裂寸前な状況を迎えているのかもしれませんね・・・

 

 

 

 

一瀬 恵里佳

福岡県出身の1987年生まれ。 高校卒業後、 フリーター生活や海外留学を経て知人が経営する飲食店に就職。 現在は結婚し一児の母として奮闘中。

連絡先:johnhwsh@yahoo.co.jp

  • コメント ( 1 )

  1. 匿名

    これからもこういう事件が増えていくんだろうか…?

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。