熊沢英昭の息子の生い立ちと経歴。農水省事務次官の長男は何故ひきこもりに?

 元農水省事務次官の熊沢英昭(76歳)によって殺害された、息子の生い立ちはどのようなものだったのでしょう?

 44歳にもなって彼は何故ひきこもってドラクエ10ばかりやっていたのでしょうか。

 生前の彼の生い立ちや経歴について色々と調べてみました。

熊沢英昭の息子の生い立ち

 2019年6月1日

 元農水省事務次官の熊沢英昭は同居する息子を包丁で複数回刺して殺害した後に自ら警察に通報しました

 動機について彼は「迷惑をかけたくないと思った」と供述しており、被害者であるこの息子は普段から自宅にひきこもっていることに加え、家庭内暴力を振るっていたと明かされています。

 
 
 なぜ、彼の息子はこんな風に育ったのでしょうか?

 なにか不遇な生い立ちがあったのでしょうか?

 

 1975年3月20日に熊沢家の一人息子として生まれた彼は、亡くなるまで金銭的に何不自由なく暮らしてきました

 父親の熊沢英昭の威光を最大限に活用し、一か月で約32万円もゲームに課金したり、ゲーム内でトラブルが起きた時には父親の実名を出して相手を脅したり、自慢したりしていたらしくゲーム内では有名だったみたいですね。

 

 彼は神崎弘海(かんざき ひろみ)というペンネームでキャラクターの絵を描いたりしていたようで、以下のような経歴を名乗っていました。

 最終学歴の欄には、大学名こそ明かされていないものの大学院修士課程卒業と記載。

 他にも、代々木アニメーション学院アニメーター科卒業 HAL東京中退、代々木アニメーション学院キャラクターデザイナー科卒業、元社会復帰指導員 兼 パン職人、元ビジネスコンサルタント事務職員と記載されています。

 

 現在ひきこもり状態の人が元社会復帰指導員だったのですね・・・

 職業欄には、不動産の管理人とありますし、他の人とのやりとりでも自分のことをニートではなくて地主だと言っています

 

 確かによく考えてみると、父親の遺産で残りの人生をひきこもって暮らしていけるだけの財力はあるでしょうし地主なら安定的な収入もありますから、普通のひきこもりとは全く違います

 彼にとってみれば、わざわざ働かなくてもお金に困っていないのだから、自堕落に生きて何が悪いという感覚だったのかもしれませんね。。。

 とはいっても、家庭内で暴力を振るっていたそうですし、ゲーム内でも嫌われ者だったみたいですから心の余裕がなかったことは間違いなさそうです。

 その一方で、友好的な人にはきちんとした言葉遣いで普通にメッセージのやりとりもしており、相手を気遣うような素振りも見せていますから、誰彼かまわず攻撃的な対応をしていたというわけではありません。

 

 そんな彼の人格は、何不自由ない恵まれた環境で甘やかして育てられた結果なのでしょうか?

 裕福な家に生まれてこんな生き方をするなんて宝の持ち腐れ感がすごいです・・・

 

 それと悲しいことに、彼が夢中になっていたドラクエ10では、他のゲームユーザーが彼のキャラクターに群がっており、ザオラルという復活の呪文を面白半分に唱えるなど不謹慎極まりない状況になっています。

 私も人のことを言えませんが「本当にロクな奴がいないな・・・」と思ってしまいます。



熊沢英昭の息子に対するネットの声

 

 熊沢英昭がひきこもりの息子を殺害したこの事件ですがネット上では、殺人犯である熊沢英昭を擁護する声が目立っています

 特にYahooニュースのコメント欄なんかを見てみると、父親を擁護する声ばかりで正直ちょっと気持ち悪いです。。。

 

 確かに、この息子はひきこもりで家庭内暴力をしたり、ゲーム内の行動も問題があったかもしれませんが、刃物で十数か所も刺して殺害した熊沢英昭も十分に異常なのではないでしょうか。。。

 運動会の音がうるさいのなら引っ越せばいいですし、今まで十分甘やかして育ててきた結果がこれですから、もういっそ彼のストレスとなるものを全て排除すればいいのにとも思います。

 

 賛否両論ある考え方とは思いますが地主で安定収入が入ってきて将来のお金も心配ないなら、別に無理に働かせる必要もないですし、本人が望むならずっとひきこもった状況でも構わないと思うのですが、そういうわけにはいかなかったのでしょうか?

 どんな気持ちで熊沢英昭が息子を殺害したのか、「迷惑をかけたくない」というのが建前なのか本心なのかわかりませんが、自分が苦労して築いた財産を息子が何もせずに浪費していくのが我慢ならなかったという感情も少なからずあったのかもしれませんね・・・

 

 

 

 

一瀬 恵里佳

福岡県出身の1987年生まれ。 高校卒業後、 フリーター生活や海外留学を経て知人が経営する飲食店に就職。 現在は結婚し一児の母として奮闘中。

連絡先:johnhwsh@yahoo.co.jp

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。