農水事務次官殺人事件の熊沢英昭はおかしい?世論を味方につけて情状酌量の可能性も。

 農水事務次官として活躍していた過去を持つ、熊沢英昭(76歳)が自身の息子、英一郎(44歳)を殺害しました。

 この殺人事件は、被害者の英一郎が無職のひきこもりだった事もあり、ネット上では様々な声が挙がっています。

 このまま世間は彼のことを、息子の凶行を止めた英雄として扱うのか

 なんだか色々とおかしい展開になっているので、状況を整理してみました。

農水事務次官殺人事件の熊沢英昭

 

 農水事務次官として官僚の最高峰で働いた経歴を持ち、退職金8874万円を全額受給し天下り後は、チェコ大使を務めた熊沢英昭ですが彼はなぜ息子の英一郎を殺害したのでしょう?

 この殺人事件の犯行について彼は以下のように供述しています。

 

 「長男(英一郎)から暴力を受けていた」

 殺害する直前「小学校の音がうるさい」と息子が言い、口論になっていた

 「周囲に迷惑をかけてはいけないと思い、長男を刺した」

 

 そしてこちらが実際の犯行内容です。

 

 被害者は布団の上に仰向けに倒れており、包丁で上半身を十数か所刺されて殺害されていた

 

 殺害された息子の英一郎は、ひきこもり生活の無職でネットゲームに親のクレジットカードで一か月約32万円も課金したり、ゲーム内でも嫌われるような発言を繰り返していたり、色々と性格に問題があったのは明らかだったため、世間では色々な意見が出ています。

 「このまま息子を放置していたら罪もない他の人が犠牲になっていた」

 「お父さん、かわいそう」

 「責任感のある親の対応だと思います。」

 などなど、他にも多くの人が熊沢英昭の犯行を同情的に見ており、「息子の英一郎は殺されて当然の人間だ」という考えの人が多いです。

 

 殺害された英一郎は確かに性格に難があったでしょうが、いくらなんでも酷すぎます。。。

 

 「親として苦渋の決断だった。」とか言っている人もいますが、口論の後に刃物で十数か所も刺すなんて、苦渋でも何でもなく憎しみしかないでしょうよ・・・

 それに死人に口なしですから、熊沢英昭の供述が全て真実とは限りません

 加えて、英一郎は自分のことをニートではなくて地主と公言しており不動産収入があると言っています、熊沢英昭の華やかな経歴を見ても不動産などの遺産は当然あるでしょうから、将来両親が亡くなったとしても十分ひきこもったままで生きていけます

 資産もなくて自分たちの少ない生活費の年金を食い潰していくような、ひきこもりなら、親が殺すしかないと思い詰めるのも理解できますが、今回はそんな悲惨なケースとは全く違います。

 メディアでは被害者のことを取り上げて、「ひきこもりで危険な息子を仕方なく殺害した可哀想な父親」としたイメージを創り上げて情状酌量の流れにもっていってますが、これは今話題の上級国民に対する忖度なのでしょうか?

 ちょっと前まで、池袋の事故で「上級国民への忖度はおかしい!」と批判していた人達が、今回は逆に踊らされているようです。。。



農水事務次官殺人事件による影響

 

 農水省事務次官の熊沢英昭が実の息子を殺害したこの事件ですが、今後さらに中年のひきこもりに対する偏見を助長しそうで怖いです

 確かに、良い歳してひきこもっている人達は何かしらの問題を抱えていて、中には事件を起こす危険人物もいるでしょう。

 そんな息子や娘をもった家族は今後どんな対応をとるのでしょう?

 急に怖くなって、ひきこもりを止めさせようと説得したり外部機関に依頼したりするのでしょうか?

 ひきこもっている方も人間ですから、「自分が家族から危険と思われてる」と理解するでしょうし、怒って当然だと思いますから本当に難しい問題ですよね。。。

 この問題が今後そうなっていくのか。引き続き注目していきたいと思います。

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの気持ちを読者のみんなに届けよう!
 

※Yahooニュースのコメント欄やTwitterみたいに自由な文章で大丈夫です(アイコンはランダムで生成されます)

 

コメントの反映には少し時間がかかります。過激な発言や誹謗中傷、投稿者同士の言い争いなどはNGです。