日置市の事件の犯人 岩倉知広を逮捕!わかりやすく整理してみた!

 

犯人は岩倉知広!日置市の事件の真相とは

 

※岩倉知広についての追記記事が最下部にあります。

鹿児島の日置市の民家でおきた

殺人事件の犯人が逮捕されました。

名前は岩倉知広。(38歳無職)

被害者の親族にあたる彼は

なぜこのような凶行に及んだのでしょうか?

真相を探っていくとともに

登場人物の相関関係も複雑なので

わかりやすく整理してみました。

 

 

日置市の事件の犯人である岩倉知広

 

3人の死者と2人の行方不明者をだした、

日置市で起きたこの事件ですが

ちょっと複雑なので

わかりやすいように時系列順に見ていきましょう。

 

【事件発覚の数日前】

岩倉家の次男が職場を無断欠勤する。

(この次男は母親と二人で暮らしている)

 

【4月6日正午ごろ】

無断欠勤が続いている件で次男の職場から

兄である岩倉家の長男に電話がかかってくる。

 

【12時30分ごろ】

長男が自分の奥さんと、奥さんの姉に

「弟(次男)の家に行って様子をみてきてくれないか」と頼む。

しばらく連絡を待つが連絡はなかった。

 

【14時20分ごろ】

連絡がないことを不審に思った長男は

知人の後藤さんに「様子を見てきてほしい」と頼む。

後藤さんとも連絡がとれなくなってしまう。

 

【14時50分ごろ】

警察に相談する。

 

【15時9分~25分の間】

後藤さんが襲われて意識不明になる。

 

【15時45分ごろ】

警察官が駆け付けたところ

奥さんとその姉の遺体と意識不明(その後死亡)の後藤さんを発見。

住居人である母親と次男の姿はなかった。

 

【19時ごろ】

日置市内を歩いていた岩倉知広(次男の息子)を発見し事情を聞く。

 

このような経緯で

犯人である岩倉知広は殺人事件の容疑者として逮捕され、

犯行も「間違いありません」と認めているのですが

いったいこの家族に何があったのでしょうか?

彼にとって父親と祖母にあたる二人は

未だに行方がわかりませんが

はたして無事なのでしょうか?

単独犯かどうかすら今のところは

ハッキリしていませんから

捜査の続報を待つしかない状態ですが

いったい彼はどのような人物なのでしょう?

38歳にもなるのに無職ということは

ひきこもりか何かで

親族からも疎まれる存在だったのかもしれません。

とはいっても

報道で無職と言われる場合

全員が全員働いていない人だとは限らないようで

逮捕する前に警察が所属している会社に連絡して

解雇するかどうかを聞くケースもあるみたいですね。

この時点で解雇しておけば

無職と報道されるみたいですから

もしかしたら彼もどこかで働いていたのかもしれません。

現在のところ

FacebookやTwitterインスタグラムなどの

SNSはやっていないみたいで

個人的な情報はほとんど見つかっていない状況です。

しかし

いくら身内とはいえこれだけの事件ですから

おそらく週刊誌などが

後追いで過去の生い立ちなども調べてくることが予想されます。

次男が無断欠勤してから

数日の期間がありますから

その間ずっと家で被害者が来るのを待っていたとしたら

かなり恨みが深かったのかもしれません。。。

それと時系列に直してみて

はじめて気づいたのですが

亡くなられた知人男性の後藤さんは

15時3分~25分の間に襲われて意識不明になったと

報道されていますが

14時50分に連絡がとれなくなって

長男が警察に相談していますから

結構な時間、犯行現場にいたということになりますが

何があったのでしょうか?

警察が現場に辿り着いたのが

通報から30分以上も経った後というのも悔やまれますね。。。

すぐに出動していれば

もしかしたら彼を救えたかもしれません。

日置市の事件の今後

 

犯人は岩倉知広ということで

とりあえずは解決したかのように思える

日置市のこの殺人事件ですが

彼の父親と祖母は未だに行方不明のままです。

この二人は

はたして無事なのでしょうか?

まだこの二人が被害者ではなくて

共犯である可能性もゼロではないので

どんな展開になるのかわかりませんから

また引き続き事件の続報が入り次第追記したいと思います。

被害者のご冥福をお祈りいたします。

※追記記事はサイト内にあります。