ミラーリングとは?親近感を持ってもらうのはこんなに簡単だった! – Rose

ミラーリングとは?親近感を持ってもらうのはこんなに簡単だった!

この記事は約 4 分で読むことができます。

 

ミラーリングの効果は絶大?手軽で簡単ってホント?

 

あなたはミラーリングという心理学のテクニックをご存知ですか?

名前の通り

鏡のように相手の何気ないしぐさなどを真似るテクニックの事です。

実はコレ

コミュニケーションの場で大きく効果を発揮するもので

相手に簡単に親近感を持ってもらうスゴ技なんです。

今回は色々な場面で使える

このスゴ技テクニックについて見ていきましょう。

 

 

ミラーリングとは

 

まずはこのミラーリングという、相手の真似をするテクニックが

なぜ効果があるのかという点ですが

簡単に言うと

心理的に人は自分に似ているものに好感を覚える特性があると言われており

同じような行動をする人を味方だと無意識に認識した結果

親近感や好意が湧いてくるといった心理作用が働くそうです。

確かに、類は友を呼ぶとかも言いますし

似たような考え方だったら仲良くなるのも早いですよね。

では実際、どのように実践したらいいのでしょうか?

一番大事なポイントは「さりげなく」というポイントです。

この、さりげなくというのは

相手から見たときに無意識にやっているように見せるというのが大切です。

これをあからさまにしてしまうと

気味が悪いと逆に不快に思ってしまい

完全に逆効果になってしまうので注意が必要です。

あくまで

偶然の一致だと思わせなければいけません。

あまり意識していない無意識のしぐさなどを真似るのがやりやすいと言われており

例えば

相手が話している時に無意識に肘をついたり、腕を組んだりするのを

流れで自然に真似るという感じです。

行動した瞬間に同じ動きをしたらバレバレなので

ちょっと一拍おいてからいつの間にか同じ姿勢になっているといったやり方が

ベストだと言われています。

さらにこのテクニックはしぐさや行動だけではなくて

話し方や口調や表情にも使えるので

後半はその具体例などを見ていきましょう。

では具体的に

話し方や口調を真似る際はどうしたらいいのでしょうか?

例えば

相手が映画を見て「楽しかった」と笑顔で言ったら

自分も笑顔で「楽しかったね」と返すような感じで

相手の言葉を繰り返すことも非常に効果的で好意が生まれやすく

他にも

「逆に~」など、その人が良く使うフレーズを使うのも

親近感が湧いてきやすいと言われています。

ですが、同年代の人ならいいですが

中年のおじさんが女子高生が使うようなフレーズばっかり真似して使っていると

かなりの確率でどん引きされるので気を付けてくださいね(笑)

それと、ここでも自然にバレない様に口調を合わせることが

大前提なので方言など、バレやすいものはやめておいたほうがいいと言われています。

さらに

これはメールやLINEなどの文章でも大いに効果を発揮し

絵文字の使い方や改行の仕方や

返信のタイミングなども相手と同じように合わせることで

好意をもってもらいやすくなりますから使わない手はないでしょう。

もう一点だけ気を付ける点がありますが

会社の上司など目上の人の行動は

部下に対しての行動をしてますのでミラーリングした時に

失礼に当たる場合があるのでそこは気を付けてくださいね。

まとめ

 

いかがでしたか?

ミラーリングのテクニックは様々な場面で使え、使用用途も多彩です。

使おうと思えば、恋愛面、ビジネスシーン、メールのやり取りなど様々な場面で使えます。

ただし、何度も言いますがあくまで自然に、気づかれないようにやらないと

全くの逆効果になってしまうので気を付けてくださいね。

このテクニックをもっと突き詰めていけば

相手との呼吸のリズムを合わせたりすることも非常に効果的と言われているので

慣れてきたら、それを試してみるのもいいかもしれません。

長々と書きましたが

「笑顔には笑顔で返す」

当たり前のことですがこれが一番の方法なのかもしれませんね。